31日、参考消息網は米紙を引用し、「外国人は韓国と北朝鮮を見分けられない、韓国人にとってはショッキングな事実」と題した記事を掲載した。写真は韓国の駅。

写真拡大

2014年7月31日、参考消息網は米紙を引用し、「外国人は韓国と北朝鮮を見分けられない、韓国人にとってはショッキングな事実」と題した記事を掲載した。

【その他の写真】

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは29日、「国際社会での印象を向上させるため、韓国は活動を行っているが、得られた結果は『多くの外国人は韓国と北朝鮮の区別がつかない』という予想に反するものだった」と伝えた。

韓国政府は十数カ国6000人に対し、民意調査を実施。その結果、30%を超える人が「KOREA」という単語に関連するニュースや文章、映画、サイトなどを目にした際、韓国と北朝鮮のどちらに関連する内容なのか区別が難しいと回答した。さらに、このほど発表された同調査の結果では、回答者の半数が「韓国は民主主義国家ではない」もしくは分からないと答えた。ドイツでは約4分の1が韓国は民主主義国家ではないと回答している。(翻訳・編集/内山)