パットが不安だったが好スタートを切った清水(撮影:ALBA)

写真拡大

<ダンロップ・スリクソン福島オープンゴルフトーナメント 1日目◇31日◇グランディ那須白河GC(6,961ヤード・パー72)>
 新規開催トーナメントの国内男子ツアー「ダンロップ・スリクソン福島オープン」が31日(木)に開幕。その初日、清水一浩が4連続を含む6バーディ・1ボギーの“67”でラウンド。4位タイと3年ぶりのツアーで好発進を見せた。
「ダンロップ・スリクソン福島オープン」初日の結果をリーダーボードでチェック!
 この日、清水は午前組のアウトコースからスタート。そのスタートの1番では8メートルのパットを沈めていきなりバーディを奪うと、そこから4番まで立て続けにバーディ。一気にスコアを伸ばすと、7番でもバーディを奪い、前半だけで5つ伸ばした。
 しかしバックナインに入ると前半のバーディラッシュから一転、パーを並べる展開。そしてこのまま行くかと思われたが16番ではボギーを叩いてしまい1つ落とす。それでも最後の18番をバーディで締め、後半はスコアを伸ばせなかったものの、「いいスコアで回れていたので、楽しかった」と本人納得のラウンドとなった。
 今週はチャレンジに行くつもりだったという清水だが、「運よく出場が回ってきたので」と出場を決意。2011年の「日本プロ」以来のレギュラーツアー出場に「ちょっと緊張感がありました」という。そんな気持ちで臨んだ今大会は、パッティングの調子が上がって来ず、「練習グリーンでキャディさんに色々指摘してもらったんですが、自信はなかった」といまいち。この日1番から3番まで連続でバーディを奪っていたが3パットを気にしながらだったという。
 しかし、続く4番で上りの1メートルのバーディパットを沈めたときに、「これが入るのであればまともだなと。まっすぐを打てたので」と少しずつ気持ちを取り戻し、その後のラウンドに繋げた。
 「優勝とかいう次元ではないので、スコアとかは気にせずプレーする」ことが目標だという清水。3年ぶりのツアー2日目を、自然体で臨む構えだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>