話題の『オニオンノート』は釣りだった事が判明、サイトでCEO出演の号泣動画公開

写真拡大

 タマネギの成分を練り込んだ、物理的に「泣けるノート」として7月頭頃にネットで話題になった、『オニオンノート』のプロダクトサイトが更新され、ノートPC『Surface』のサイトに入れ替わるという誠に遺憾な事態が発生しております。

 前回までのあらすじをご説明すると、海外企業が近々日本で「オニオンノート」という文具を新発売するという発表がありました。そして日本向けプロダクトサイトも公開され、サイトでは同商品の開発・発売元であるMagnus Ferreus社のCEOトーマス・パーカー氏のプレゼン動画、生命保険の「泣けるシリーズ」を彷彿とさせる感動風CM動画も公開されてました。

【関連:狂気じみてる……玉葱の成分を練り込んだ『オニオンノート』のCMが色んな意味で泣けている】

 このサイトが公開されるや否や、タマネギの成分を練り込んだノートという、完全実用性無視の馬鹿馬鹿しい商材だったため、「誰か止めるやついなかったのかよ!」「発想が斜め上すぎるwwwww」とネットで大いに盛り上がり、当媒体含め複数のメディアがニュースとして扱う一方、一部メディアからは「新商品発売されるなら事前に情報来ててもおかしくないのになぁ」と首をひねる意見も聞かれていました。
気になったので久しぶりにサイトをのぞいてみると、ご覧の結果に。あまりに手の込んだ仕事だったため、まんまと釣られてしまいました。

 変更されたノートPC『Surface』のサイトでは、再びMagnus Ferreus社のCEOトーマス・パーカー氏出演の動画「みなさまへ 重大なお知らせ」が公開されていました。
オニオンノートについては「実はこれ、まだプロトタイプだったんだ」と説明し、手に持ったオニオンノートをパカっと開くと『Surface Pro 3』が仕込まれておりネタばらし。悪びれた様子もないドヤ顔で、なんだかこれまでの話を無かったことにしようとしています。

Magnus Ferreus社のCEOトーマス・パーカー氏

 さらに最後の方では、これまでの話を謝罪するどころか、「う゛わぁー う゛わぁー 私はー 私は このノートで このノートで 世の中を変えたい この世の中ー う゛わぁー」と号泣し出して、先日問題となった某元議員の会見を完全コピーする始末。

Magnus Ferreus社のCEOトーマス・パーカー氏

 ちなみに今回の開き直り動画についてネットでは「これあかんwwwwwwwwwww」「外人さんまでにもネタにされるとは・・・w」「オニオンノートの社長が姑息だ」「話題のオニオンノート、発売しないらしいwww」と色んな声が上がっていました。

参考:
オニオンノート公式サイト改めノートPC『Surface』サイト