漫画『ソウルリヴァイヴァー』イメージビジュアル

写真拡大

漫画『ソウルリヴァイヴァー』がハリウッドで実写映画化されることがわかった。

【もっと写真を見る】

月刊誌『HERO'S』で連載中の『ソウルリヴァイヴァー』は、『GTO』の原作者としても知られる藤沢とおるが原作、構成、キャラクターデザインを手掛け、秋重学が作画を担当するファンタジーアクション漫画。死者の魂を連れ戻し、蘇らせる能力を持つ「リヴァイヴァー」のもとに舞い込む様々な依頼を通して、死と「無」の狭間である「死界」で展開される魂の救出劇を描く。

同作の実写映画化は、フィールズ株式会社、株式会社All Nippon Entertainment Worksと、映画『ラスト サムライ』や『恋におちたシェイクスピア』を手掛けたハリウッドの映画製作会社Bedford Fallsの3社による共同製作で実現するもの。『ラスト サムライ』の脚本にも参加したマーシャル・ハースコビッツとエドワード・ズウィックが共同で脚本を執筆し、ズウィックが監督を務める。

今回の映画化プロジェクトの開始に際して行われたミーティングを終えて、藤沢は「非常に楽しいクリエイティブミーティングでした。日本のコミック『ソウルリヴァイヴァー』の世界観がハリウッドでどんな形になるか楽しみです」とコメント。ハースコビッツは、「これまで私たちが手掛けてきた作品の多くは、観客を異なる時代や場所に導くものでした。『ソウルリヴァイヴァー』で面白いのは、我々が住んでいる日常生活の場所の中に、全く異なる世界が存在するというアイディアで、その世界観について探求することが今から楽しみです」、ズウィックは「私は常に日本映画に感化されてきました。今回のプロジェクトを通じて、そういった日本映画との関係を更に拡大し、日本文化にとって新しく、かつ重要な一翼を担えることを嬉しく思っています」とそれぞれ意気込みを語っている。