声優の水卜アナ“渾身の一息”、映画「宇宙兄弟#0」のアフレコ収録。

写真拡大

日本テレビの水卜麻美アナ(27歳)が、ゲスト声優として参加する映画「宇宙兄弟#0」のアフレコ収録を行った。

水卜アナの声優出演は「劇場版HUNTER×HUNTER―The LAST MISSION―」に続き、本作が2度目。電車の中で、主人公・六太の足を踏んでしまう「アナウンサーみたいな美人」役を演じた。

水卜アナは本作について「(南波兄弟)2人の原点になるというか、とにかく泣けるんですよ!」と強調しつつ、「会社で台本を読んでいたので、恥ずかしくて泣くのを堪えたようなシーンが何度もありました。すごく悲しいシーンがあって、それをどう乗り越えて2人が成長していくかっていうところなんですけど、そこは見てからのお楽しみです!」と作品への期待を寄せた。

収録を終えた水卜アナは、「以前もアフレコをやらせていただいたことがあるのですが、今回は初めての挑戦が多かった」というように、「しゃべる演技というよりは息遣いを声で表現しなければいけなかったのですごく難しかったです。実は、すごく重要な転換点になるシーンに参加しているので、ちゃんと役割を果たせているのかとにかく心配です。そこは、私もかなり感情移入をしてやりました。」と苦労した点を振り返りつつも、「渾身の一息があるのでそこを見ていただきたいですね!」と自身が演じたシーンの見どころをアピールした。

また、南波六太・日々人兄弟については「兄弟ってすごく近くにいて一番わかってくれる存在であり、でも実は、一番のライバルであったり、相手の成功を望みながらも、ちょっと悔しい部分があったり追いつけなかったり、すごくわかるなって。私は妹と弟がいるんですけど、妹に対して敵わないなと、尊敬する部分もありつつ、悔しいな、頑張らなきゃというのがあるので、共感するところはすごくありました。私は小学生のころからアナウンサーになりたかったので、そういう意味では小学校の卒業アルバムにも書いていた夢が今叶っているので、2人が小さい時からそういう気持ちを抱いて、夢に向かって苦労しながらやっている姿に感情移入して見るとろがありました」と、自身を重ね合わせながらコメント。

さらに作品の見どころについては「今回の作品は『宇宙兄弟』の一話よりも前のお話なので、今までの『宇宙兄弟』が大好きという方ももちろんですし、全く見たことがない方でもものすごく楽しめます。そして何度も泣いちゃう作品になっていると思うので、老若男女すべての方に観ていただきたいと思います。私も、実は重要な局面で迫真の演技をしておりますので、そのあたりも注目して見ていただけたらと思います。映画館で絶対に観てください!」と語った。

「宇宙兄弟#0」は8月9日(土)全国ロードショー。