写真提供:マイナビニュース

写真拡大

リクルートライフスタイルが企業運営する「ケイコとマナブ.net」とスクール情報誌「ケイコとマナブ」はこのほど、225人の女性を対象に実施した「副業・プチ開業」についてのアンケート結果を明らかにした。調査期間は6月13日〜30日。

まず、副業・プチ開業を「している人」(122人)と「していない人」(103人)別に、人生の満足度・充実度を4段階で聞いたところ、している人は平均3.61点、していない人は2.62点とおよそ1点の差が見られた。また、している人では、70%以上が4点と回答している。

次に、「していない人」にその理由を尋ねたところ、「スキルや資格が無く、好きなことを仕事にする自信がない」との回答が最も多く35.0%であった。一方、「している人」にこのようなスキルの問題を乗り越えた方法を尋ねると、「スクールに通った」「個人の先生に教えてもらった」が各41.8%となった。

また、「していない人」に、やってみたいと思う理由を聞いたところ、「自分で自由に使える収入を得るため」(45.6%)、「家計のたしにするため」(40.8%)が上位となった。「している人」に始めた理由を聞くと、「長く続けられる仕事をするため」(24.6%)、「独立・開業をめざすため」(21.3%)との回答が多く見られた。

「している人」に収入について尋ねると、「1万円以上3万円未満」が31.1%で最も多く、以下「5万円以上10万円未満」(30.3%)、「3万円以上5万円未満」(15.6%)、「20万円以上」(9.0%)が続いた。

(フォルサ)