レジャー・ショッピング・外食の株主優待株で タダ&割引でのデートや家族サービスを!

写真拡大

ボウリングや旅行、人気カフェ巡り……。家族との外出にも株主優待はフル活用できる。特に充実しているのは映画系。もちろん、家族サービスだけじゃなく、彼女とのデートでも株主優待は威力を発揮します。

年間18回も鑑賞OKなど映画の株主優待は充実、
行列ができる話題のパンケーキも株主優待で!

 週末の1日を朝から晩まで株主優待券を使って、家族サービスもできる。例えば、今回紹介する8銘柄だけでも、ブランチ(WDI:3068)→ボウリング(ラウンドワン:4680)→買い物(イオン:8267など)と盛りだくさんの1日を低料金で過ごせるのだ。

 特に映画がらみの充実度は群を抜いているのが、東急レクリエーション(9631)。なんと6カ月で9回(1回2ポイントで計算)も映画を鑑賞できる。月間の利用上限は8ポイントだが、ポイントは同伴者も利用可能。家族4人でも全員の映画代が無料になる。*各画像をクリックすると最新の株価チャートが表示されます。

 9万円弱で購入可能で、半年で2枚のシネマ招待券などがもらえるのがパルコ(8251)。1枚1800円で計算すると年間では7200円分。買い物の割引もあるが、映画だけで株主優待利回りは8.1%となる。

 その他、東宝(9602)などもプレミアムスクリーンでも株主優待券が使えるのでおすすめだ。

 共立メンテナンス(9616)や常磐興産(9675)など旅行で使える株主優待もある。非日常をお得に味わいたい人にオススメだ。常磐興産は福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズまで、都内から無料送迎バスが出ている。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)