ろくでなし子 公式ブログより

写真拡大

 女性器の3Dデータを配布した「わいせつ電磁的記録媒体頒布罪」の疑いで逮捕され、7月18日に釈放されたアーティスト・ろくでなし子氏。自らの性器を3Dスキャナーで撮影しデータ化、それをクラウドファンディングで寄付してくれた人へ「データを基に一人ひとり、まんこを使ったおもしろい作品を作ってみてほしいという考えから」謝礼として送付。そのことが逮捕につながったようだ。

 ろくでなし子氏は、女性器を型どってポップにデコレーションした立体作品「デコまん」を制作するなど、これまで女性器を創作のテーマにしてきた。今回問題になった3Dデータについても、自らの女性器をスキャンし型どったボート「マンボート」を作成し実際に多摩川を渡る、というアートプロジェクトの一環だ。

 身体の一部であるにも関わらず、女性にとって女性器と向き合う機会は少ない。もっと自分の性器、まんこを肯定的に捉えられたら──そんな思いが、ろくでなし子氏の作品制作の根底にはある。しかし今回の事件を受けて、「女性器でアートなんて下品」「ただのエロを芸術と呼ぶな」という心ない意見も飛び出す一方、新聞やテレビの大メディアでは、「芸術か猥褻か」といった、逮捕の妥当性そのものを問う議論すらほとんどなされていない。

 だが、こうした女性器をテーマにした表現──いや、ここではろくでなし子氏に敬意を込めて、まんこアートと言わせていただこう──バッシングは、いまに始まった話ではない。その一例を、社会に抵抗し、価値の転覆をはかろうとする芸術家たちの表現について考察した『アート・アクティヴィズム』『攪乱分子@境界―アート・アクティヴィズム 2』(北原恵/インパクト出版)から紹介したい。

 まず、70年代より女性をテーマにしてきたジュディ・シカゴが、5年の歳月を費やして完成させた《ディナー・パーティ》という有名な作品がある。これは、"女たちの偉業を祝福するための晩餐会で、ディナーテーブルに供された陶皿が客人たち自身のヴァギナである"というインスタレーションで、歴史に登場する女性たちの功績を称えたもの。十人十色のまんこ(の陶皿)は見る者を圧巻する大作だが、この作品がサンフランシスコ近代美術館に展示されると、批評家たちからは「猥褻物」と激しい非難の声があがったのだ。

 また、スザンヌ・サントロは「伝統的な西洋絵画における女性器の扱い方」に疑義を唱え、「芸術においていかに女性器が消し去られてヌードが理想化されたか」をテーマにした。そしてサントロは、"まんこが消し去られた"美術史のヌード画から、女性器のクローズアップ写真と花や貝殻、ゴチック様式の彫刻などを並置した著書『新しい表現に向けて』(1974年)を出版。これには大きな反響があり、イギリス現代美術のギャラリー・ICAから出展依頼を受けるが、主催者の検閲によって「芸術的にすぐれた猥褻は守るつもりだが、今回の作品は性的自己表現だから」という理由で排除されてしまう。──自分のセクシュアリティを女性が語る。それだけで検閲を受けてしまったわけだ。

 このように上記に挙げたふたり以外にも、女性アーティストによるまんこアートはさまざまな局面で物議を醸してきた。だが、問題はまんこに限らない。女性が男性のヌードやペニスをテーマにすることも、西洋美術界ではタブーとされてきた歴史があるためである。

 それを象徴するかのような一枚の絵画がある。18世紀後半にヨハン・ゾファニーが発表した《ロイヤル・アカデミーの会員たち》という作品だ。この絵には、2名の男性ヌードモデルのまわりにロイヤル・アカデミーの会員たちが集まって、芸術論議に花を咲かせている様子が描かれている。しかも登場する人物は実際の会員たちで、「一人一人全てが特定できるほど」だという。だが、女性会員だった2名だけは、なぜか「教室の壁に掛かった肖像画の中に、ポートレートとして描かれている」のだ。なぜなのか。それは、当時の女性たちは「《オブジェとして裸の男性》はおろか、同性たる女性をも、デッサンしたり記録したりする」という活動に、参加すること自体を禁じられていたからだ。

 ここで気になるのは、では一体、男性たちはどのように女性器を描いてきたのか、という点だ。前出のサントロが指摘するように、「伝統的な西洋古典絵画」では「女性性器と体毛はきれいに消し去られ」ており、ついでに腋の下にも毛が生えていない。その理由について、イギリスの評論家であるジョン・バーシャーは、「体毛は情欲と性的な力に結びついている。女性の性的情熱は、鑑賞者に彼がその情欲を支配しているような感覚を抱かせるために最小限におさえる必要がある」と説明している。これは、本書が論及しているように、「第一の鑑賞者として想定されたヘテロセクシュアルな男性の性的欲望を損なわないために消し去られ」ているということになるだろう。

 この西洋の男性作家による古典女性器表現や、《ロイヤル・アカデミーの会員たち》の絵に象徴されるのは、女は「芸術の対象」でしかなく、男性はつねに「見る」立場であり、女は「見られる」立場である、ということだ。もちろん、こうした「男性中心的なイデオロギーの文化」は、21世紀の現在も色濃く残っている。

 まるでアダルトビデオのモザイクのように、男性の手によって神秘的なヴェールをかけられてきた女性器。それを女性自身が作品のテーマに選び、男女間の「支配/被支配」といった権力構造をあばいたり、セクシュアリティの多様性を訴えることの、何が"わいせつ"で"下品"だというのだろうか。

 ろくでなし子氏は、先日行われた日本外国特派員協会の会見で、このように話している。

「女性器は、女にとっては生理・セックス・妊娠・出産と、自分の肉体の一部としてあまりにも身近なものです。それが"わいせつ"という言葉によって、女性の持ち物であるにも関わらず女性器がどこか遠い存在になっている」
「卑下でも礼賛でもなく、女性器のイメージをもっと中庸なものにしたい」

 ろくでなし子氏の作品を"わいせつ"だと思う感受性──これこそが、長きにわたって女性の性的支配からの解放を阻んでいる元凶のひとつではないだろうか。
(田岡 尼)