人口減少と高齢化に伴う国内市場の縮小が見込まれる中、日本企業の2012年のM&A件数が過去最多を更新し、事業のグローバル化が進んでいる。今後日本企業に求められるマネジメントのポイントについて、海外学生の日本企業就職支援を行っているリクルートキャリアのグローバル総合企画部WORK IN JAPANグループ グループマネジャーの小山秀幸氏に聞いた。(写真は中国での合同説明会の様子、リクルートキャリア提供)サーチナ

氷河期脱出か?7月の就職内定率

ざっくり言うと

  • 30日、リクルートキャリアは来年3月卒業予定の大学生の就職内定率を発表
  • 1日時点で前年より6・3ポイント高い71・3%だった
  • 内定率は4月の調査以降、前年より8〜4ポイント高い水準が続いている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング