●プリンセス・プリンセス

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©浜弓場 双・芳文社/ハナヤマタ製作委員会
<キャスト>
関谷なる:上田麗奈
ハナ・N・フォンテーンスタンド:田中美海
笹目ヤヤ:奥野香耶
西御門多美:大坪由佳
常盤真智:沼倉愛美
常盤沙里:豊口めぐみ
山ノ下祥子:若井友希
小町結果:高井舞香
梶原亜里沙:山本彩乃
大船勝:小山剛志

●ストーリー
容姿も普通、頭も普通、美術や体育……何だって普通。
そんなフツウだらけのぱっとしない14歳、関谷なる。
おとぎばなしに出てくるような“ヒロイン”に憧れて、いつかこんな世界から連れ去ってくれる誰かを待っていたけれど、中学2年生になった今も、あいかわらずフツウの毎日。
そんなある日、なるは月光の下に和装で舞う金髪の少女に出逢う。
「私と一緒に、よさこいしませんか?」
突然の出来事に戸惑うなるだけど、異国の少女ハナに導かれ、
次第に『よさこい』という非日常の世界へと踏み出していく。
まだ子供だけれど、ちょっぴり大人。
花々しい少女達の物語が今、幕を開ける――。
●オープニング
常盤真智「わかったわね。この屋上はよさこいとやらの練習に使わないで!」

正式な部活同とは認められていないよさこい、そのため無断使用していた屋上の使用を禁止されてしまいます。

ハナ「よさこい、何処で練習すれば良いんですか!」
●西御門多美、憧れのお姫様
泣き叫ぶハナ、それを眺めていたのは、

西御門多美「楽しそうね。」

彼女は生徒会副会長ではありますが、常盤真智と異なりあまり厳しくない様子。そして関谷なるにとっては憧れのお姫様。

笹目ヤヤ「じゃあ、私は?」
関谷なる「お姫様というより王子様!」


ハナは西御門多美をよさこいに誘いたいと考えるものの…。

西御門多美は生徒会以外にも家の躾が厳しく、習い事等のため多忙。彼女としてはそれが普通、彼女自身もそう思っていたものの関谷なるのよさこいに対してある種の憧れが芽生えます。しかし…。

西御門多美にとってそれらは彼女のためというよりは彼女の父がそれを望んでいるから。それに応えるため彼女は演じてきたに過ぎないのです。
●バレエ
ハナ「第1回チキチキよさこいの場所をどうするかプロジェクト!」

よさこいの練習場所について関谷なるに相談するハナ。結局、抜本的な解決は4人以上集めて正式な部活動として申請する事ですが…。

その様子を見に来た西御門多美によさこいを披露する関谷なるとハナ。ところが関谷なるのあまりのどん臭さぶりに、

関谷なる「多美お姉ちゃん、昔バレエやってたよね。今でも出来る?」
西御門多美「踊るのはどうかな?このくらいなら出来るけど。」


Y字バランスを披露!しかしながら、スカートのままY字バランスをするという事は、

パ○ティ丸出し!

ハナ「多美さん、よさこい、しませんか?」

少々強引ながら西御門多美をよさこいに誘うハナ。彼女の心もよさこいに傾きかけましたが…。
●西御門多美、心の霧を晴らすとき
それから数日後、

西御門多美「ごめんなさい、やっぱりよさこい、しません。」

おかげで関谷なるとハナ、死にかけ。

もっともこれは西御門多美の本意では無く、西御門多美の父の意向によるもの。この彼女の決断は彼女自身にも納得が出来ないものの、

西御門多美「これで良いのよ。今まで通りで…。」

それは彼女が大好きではじめたバレエを他の習い事をはじめたため断念してしまったときと同じ心境。関谷なるに背中を押されたことによって、今まで偽ってきた彼女自身の心、遂にその心の霧を晴らすときがきたのです。

そして彼女が父に相談した事はもちろん…。

「ハナヤマタ」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「ハナヤマタ」第3話「笹目ヤヤ、ハナとの邂逅」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ハナヤマタ」第2話「笹目ヤヤ、よさこいを認める!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ハナヤマタ」第1話「私、やりたい事が何も無い空っぽだから…。」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「ハナヤマタ」TVアニメ公式Webサイト
「ハナヤマタ」AT-X公式Webサイト