食宅便

写真拡大 (全2枚)

 日清医療食品と日立製作所は、ヘルスケア関連分野で協業し、日清医療食品が提供する食事宅配サービス「食宅便」と、日立のクラウド型健康支援サービス「はらすまダイエット」をセットにし、日清医療食品が本日から『食宅便 with はらすまダイエット』として販売開始する。

 同サービスは、健康増進に関心の高い個人向けに、「食宅便」のケアコースのうち、1食あたり400kcal以下の「カロリーケア1200 5食セット ご飯付き」、または1食あたり530kcal以下の「カロリーケア1600 5食セット ご飯付き」の定期購入と、「はらすまダイエット/生活習慣改善」のセルフモニタリングコースをセットで提供するものである。

 購入者は、個人のPCやタブレット、携帯電話/スマートフォンなどから、専用のWebサイトで「はらすまダイエット/生活習慣改善」のセルフモニタリングコースを利用できる。購入者は、90日間で体重の5%の減量に向けて、減量につながる食事や運動のメニューの選択や、目標体重の設定などを行い、「はらすまダイエット」の特長の一つである、食事や運動などの減量メニューを100kcal単位で示した「100kcalカード」を自ら選んで毎日実行し、その実施状況と朝晩の体重、飲み会や出張などのイベントカードをWebサイト上に登録して、生活習慣の改善に取り組む。更に、「食宅便 withはらすまダイエット」専用のイベントカード「食宅便」を選択することにより、カロリーを抑えた食事の効果も実感できるという。