29日放送の「中居正広のミになる図書館」(テレビ朝日系)で、女子プロレスラーのダンプ松本、元女子プロレスラーのブル中野、長与千種らが自身のファイトマネーを告白した。

放送では「女子プロレスラー達の裏話続出SP」と題し、ダンプらがギャラや恋愛事情、他団体への乱入する場合の裏側などを語った。

元・悪役レスラーのブルは、高さ4m金網の頂上から飛ぶ大技「ダイビング・ギロチン・ドロップ」を披露することで1回で20万円の報酬を貰っていたことを暴露した。

ブルは当時を振り返り「(着地の衝撃で)背骨が突き出して死ぬと思った」「死ぬ覚悟で飛んだ」と恐怖を感じていたことを告白した。しかし、この技をきっかけに観客が増え、会社から「1回20万」で頼まれ、計5回飛んだのだという。

長与は「安くない?あの高さでしょ?」とその金額に驚きの声をあげた。ブルも安いことは認めつつも、基本給に20万をを加算して貰っていたことを明かした。

ブルと同じ全日本女子プロレスに所属していたダンプは「基本給ないよ」と暴露。自身は1試合毎のギャラだけだったという。ブルによると、先輩であるダンプの世代は基本給がなく、ブルの世代からは基本給にプラスする形のギャラになったそうだ。

なお、1試合毎のファイトマネーの金額は、ダンプは1試合3万5千円で、タイトル戦で勝てば100万〜200万円もらえたという。

ブルのファイトマネーは、当初1試合5千円だったが、ダンプの引退後に4万5千円に上がったという。また、ダンプと同期の長与は、1試合5万5千円だったという。

【関連記事】
松本人志も気になる有吉弘行の稼ぎ「有吉がなんぼ稼いでんのかな思って計算してみた」
熊田曜子が収入が少ないグラビアアイドルの稼ぎ方を暴露
ウーマンラッシュアワー・村本大輔、相方・中川パラダイスの給料事情を暴露