「おばけ教室2」/画像は公式Webサイトより/(C) Toshima Summer Arts Festival 2014, All right reserved.

写真拡大

豊島区内の複数の施設を利用したアートと出会える夏のお祭り「としまアート夏まつり2014」が開催される。これは、8月2日(土)から8月30日(土)にかけて、様々なイベントが行われる毎年恒例のイベント。

東池袋と西巣鴨を中心に、廃校を利用した施設での肝試し「おばけ教室2」や、アニメーション作家の水江未来さんがナビゲーターを務める、校舎の壁に短編アニメーションを投影する「夜空の校庭上映会」、夏の風物詩・ちょうちんをつくるワークショップ「きらきら提灯づくり」など、様々な企画が行われる。

今回で8回目!


「としまアート夏まつり」は、毎年夏恒例となっている、今回で8回目の開催となるお祭り。

今回は、東池袋にある芸術交流センター・あうるすぽっと、西巣鴨にある旧豊島区立朝日中学校の校舎や体育館をそのまま残して利用したアート施設・にしすがも創造舎、そして、駒込や池袋などにある4ヶ所の区民ひろば、複数の会場でアートにまつわる企画が行われる。

劇団による肝試しに若手作家によるアニメーション上映会


過去の「夜空の校庭上映会」の様子/画像は公式Webサイトより(C) Toshima Summer Arts Festival 2014, All right reserved.

過去の「夜空の校庭上映会」の様子/画像は公式Webサイトより(C) Toshima Summer Arts Festival 2014, All right reserved.



にしすがも創造舎では、演出家の中野成樹さんを中心に、プロの俳優や演劇を学ぶ学生たちがプロデュースする“劇的”な肝だめし「おばけ教室2」を開催。

暗くなった校舎を舞台に、演劇らしい工夫を加えた肝試しが繰り広げられる。開催日は8月9日(土)と10日(日)の2日間となる。

最終日となる8月30日(土)には、同じくにしすがも創造舎にて、「夜空の校庭上映会」が開催。

会場では、「第16回学生CGコンテスト」で最優秀賞を受賞した若井麻奈美さんや、北米最大のアニメーション映画祭「オタワ国際アニメーション映画祭」などの入選経歴を持つ注目のいよりさきさんなど、若手アニメーション作家の作品を中心に上映される。

合間に水江未来さんによる解説を挟みながら、大人も子どもも一緒に楽しめるひと時が過ごせる。こちらは事前予約が必要となっており、公式Webサイトのイベントページで受け付けている。