写真提供:マイナビニュース

写真拡大

三浦春馬主演で実写化される映画『進撃の巨人』が、前後編の2部構成で2015年に公開されることが決定し、さらに新キャストが明らかになった。

コミックの累計発行部数が4,000万部を突破し、漫画誌『別冊少年マガジン』(講談社)で諫山創氏が連載中の同名漫画を実写映画化する本作は、原作者・諫山氏の監修のもと、監督に樋口真嗣氏を迎え、脚本に渡辺雄介氏と町山智浩氏を迎えて制作。巨人のいる世界とその世界に抗う若者たちの姿を立体機動のアクションと共に描き、原作の物語やキャラクターをベースに、映画オリジナルの要素も盛り込まれている。

今回発表された出演者は、長谷川博己、水原希子、本郷奏多、三浦貴大、桜庭ななみ、松尾諭、石原さとみ、ピエール瀧、國村隼、渡部秀、水崎綾女、武田梨奈。それぞれの役柄は明かされていないものの、長谷川は「私の役は……、まだ多くを語れませんが、最強の男、という役だけあって、なぜ私にオファーをいただけたのかを考えつつ、思いっきり楽しんで演ろうと思っております」と示唆している。

また、水原と桜庭はアクションに初挑戦となり、石原も「今回、大変な役を与えていただきました。かなりの挑戦です。立体機動装置が重く体力を奪われますが『進撃の巨人』を撮影してるんだと客観視する度にやる気が漲ります。最後まで自分を奮い立たせて戦い抜いていきます!」と話しており、各役柄のヒントも多数。オファー時に「そうか、巨人役だろうな。やっぱり」と直感したというピエール瀧は、「なんと巨人役ではありませんでした。意外」と話しつつ、「原作とはひと味違ったストーリー展開は、きっと新たな楽しみ方を皆さんにもたらしてくれるはずです。とにかくデカいモノが大好きな樋口監督ですから、巨人の恐ろしさの表現に関してはこだわりがハンパないようです。キャスト全員ハードな撮影にヘコみながら切磋琢磨しております」と吐露しながら、本作に期待を寄せている。

大きなプレッシャーを感じているという主演の三浦は「現場では樋口監督をはじめとした熱意溢れるスタッフの皆さまの存在がとても心強く、たくさんのアイデアを出し合えるキャストの方々に日々感謝しています。すばらしい原作へ敬意を込め、自分の体に流れるすべてのエネルギーを役に注ぎ込み、残りの撮影も全力で臨みます」と、長崎県・端島(通称:軍艦島)で行われている撮影現場を報告。そして、樋口監督は「これ以上はない、最高のキャスティングが完成しました」と今回発表されたキャストに手応えを感じながら、「原作同様に登場人物たちを肉体的にも精神的にも追いこんでいく過酷な現場ですが、みんなで励ましあいながら心臓を捧げつつチームワークで眼の前に立ちはだかる巨人や壁という限界に挑戦しています」と決意を新たにしている。

映画『進撃の巨人』は、前後編の2部構成で2015年公開。

(c)諫山創/講談社