NX300h(オプション装着車)

写真拡大

トヨタ自動車は2014年7月29日、高級車ブランド「LEXUS(レクサス)」から初となるコンパクトクロスオーバーSUV「NX」を発売した。メーカー希望小売価格は428万〜582万円。

「スポーツギア」を感じさせるデザイン

「Premium Urban Sports Gear(プレミアム アーバン スポーツ ギア)」をコンセプトに、都会を機敏に駆け抜ける高い走行性能と、SUVらしい力強さを兼ね備えたモデル。新開発ターボエンジンを搭載した「NX200t」と、ハイブリッド(HV)システム搭載の「NX300h」をラインアップしている。

エクステリアは、レクサスのトレードマークであるスピンドルグリルを起点に、人が乗るキャビンの前後を大胆に絞り込んだ菱形のボディーと力強く張り出したホイールフレアを融合させ、タイヤの存在を強調。インテリアは、センタークラスターのフレームなど金属質感のダイナミックな骨格と革調素材の構成とした。

新開発の2.0リッター直列4気筒ターボエンジンは、最高出力238馬力、最大トルク350ニュートンメートルを生む。滑らかで爽快な加速フィーリングが特徴で、6速オートマチックトランスミッションと組み合わせた。HVユニットは、2.5リッターのアトキンソンサイクルエンジンと高トルクモーターにより、1リットルあたり21.0キロ(JC08モード)の燃費を実現している。

安全面では、レクサス初導入の左右確認サポート付きパノラミックビューモニターや、夜間にコーナーの先を広く照らすLEDコーナリングランプなどを装備した。