ネットにつながる電子ブロックLittleBitsから始まる「誰でもIoTを生み出せる」時代

写真拡大

レゴで遊ぶようにハードウェアのハッキングを可能にするlittleBits(リトルビッツ)。この愉快なモジュラーキットがこのほど、ネットのプラットフォームをつくり出した。

「ネットにつながる電子ブロックLittleBitsから始まる「誰でもIoTを生み出せる」時代」の写真・リンク付きの記事はこちら

「cloudBit」は、littleBitsの各パーツをインターネットにつなげるために登場した新しいパーツで、かんたんなウェブインターフェイスでプログラムを組むことができる。

これまでにもRaspberry Pi(ラズベリー・パイ)やAruduino(アルドゥイーノ)をつかった同種のキットは存在していて、それらも十分「使える」仕様ではあったのだが、littleBitsの「つなげて遊べる」シンプルな構造の前には席を譲る、といったところだろうか。cloudBitがあれば、littleBitsを使ってIoT(モノのインターネット)を自作できる、というわけだ。

カニエ・ウェストのInstagramに「いいね」がつくたびに、カニエの顔風船が膨らむ! cloudBitsを使った試作のひとつ「カニエのエゴ風船」。

littleBitsはそのシンプルさゆえに、ハードウェア・ハッカーやデザイナーたちに愛されてきた。

そもそもモーターやセンサー機構、音発生装置を操作するのは面倒で、それらをつなぐ回路がちゃんと動作させるのは、非常に骨が折れる作業だった。その点、littlebitsにはいくつもの電子部品がそろっており、それらを磁石で手軽にくっつけて回路を完成させられる。littleBitsファミリーとして新しいコンポーネントがつぎつぎ登場してきたが、cloudBitがあればユーザーは、なんでもインターネットにつなげるのだ(「スターターキット」は、99米ドルで手に入る)。

「カニエのエゴ風船」の裏側、その1。

「次の『成功者のアイデア』は、アップルから生まれるのではない。それはデザイナーやアーティスト、あるいは子をもつ親から生まれるのです」とは、littleBitsのCEO、アヤ・ブデールの言葉だ。

手始めに、cloudBitをウェブアプリと同期させることから始めよう。IFTTTなどの他社APIとリンクすることで、cloudBitをオン/オフのスイッチに使える。cloudBitsを何基ものlittleBitsコンポーネントと接続させれば、それらを連携して動作させられる。そしてそれは逆もしかり。cloudBitを起点に、ウェブアプリを動作させることも可能だ。

「カニエのエゴ風船」の裏側、その2。

TAG

DIYHeadlineNewsinternet of thingsLEGOOpen SourceRecommendSmart HomeWIRED US

遠隔操作で水槽の魚にエサをあげるマシーン。

「littleBitsをおもちゃだと考えていた人も多いでしょう。でも、実際には力あるプラットフォームとして育ってきたのです。れっきとしたIoTで、おままごと用のオーヴンなんかじゃない」と、前出のブデールは言う。「コードを1行たりとも書かずして、オリジナルの“Nest”、オリジナルの“Jawbone”をつくれるようになるのです」

彼女の言葉は、ちょっと大げさすぎるかもしれない。しかし59種のコンポーネント、それも単純なものから複雑なものまでそろえていることを思えば、あながち誇張にすぎるともいえない(実際、IDEOのようなデザインファームでは、ハードウェアのモックアップを制作するのに「littleBitsプロキット」を使用しているほどだ)。

2012年、アヤ・ブデールが登壇したTED。タイトルは「Building blocks that blink, beep and teach」。

ブデールは、自身の会社にとってそうであるように、オープン・イノヴェイションの思想を拡げる伝道師でもある。

「littleBitsのように“オープン”な電子部品でまったく新しいアイデアの潮流を起こせたなら、既存の会社が進めてきたやり方に対して強力な対抗軸になる。そうすれば産業界にもチェック&バランスをもたらすことができるはず」

一匹狼のハッカーが、アップルやサムスンの対抗馬になる──ずいぶん壮大な話なように思えるが、ブデールはそれが実際のものとなる日も決して遠くはないと言う。

彼女が思い出すのは、littleBitsの支援者のひとつであるLehrer Venturesのロビーでの出来事だ。彼女はそこで、あるプロダクト──着信を知らせてくれる指輪──をピッチしようと訪れていた若い女性に出会う。

ブデールが彼女にプロトタイプを見せてもらえないかと聞いたとき、その女性クリスティーナ・メルカンドが取り出したのは、littleBitsでできたデモ機だった(彼女の会社は現在、そのプロダクトの製品化にこぎ着けている。製品名は「Ringly」。ジュエリーのように美しい見た目をもったウェアラブル・ガジェットだ)。

「littleBitsがそんな使い方をされているとは、思ってもみなかった」と語るブデールだが、彼女はさらに、歯科技工機器の新しいアイデアをlittleBitsでできたプロトタイプに落とし込んだ人物にも出会ったのだと言う。

「Kickstarter(キックスターター)には、数千ものハードウェア・カンパニーがひしめいている。そしてその70〜80%のプロダクトは、cloudBitやlittleBitsでかたちにできるはずです」

TAG

DIYHeadlineNewsinternet of thingsLEGOOpen SourceRecommendSmart HomeWIRED US