宮本恒靖氏

写真拡大

28日放送の「LIVE2014 ニュースJAPAN&すぽると!」(フジテレビ系)で、元サッカー日本代表宮本恒靖氏が、ブラジルW杯とサッカー日本代表について語った。

ブラジルW杯で、宮本氏は「TSG(テクニカル・スタディー・グループ)」という、大会の技術・戦術・傾向を分析しリポートを作成するFIFAの分析チームに参加。W杯での日本人の「TSG」参加は初だったという。

そんな宮本氏はブラジルW杯の大会全体の傾向について「ボールを奪ってから縦に早く攻めるっていう、そこの意識が断然に変わった」「ポゼッションには固執しないですけど、攻撃的なマインドを持っているチームっていうのが増えている」と分析した。

また、日本代表について「TSG」では、「大会前、非常に期待を持った人が多くてですね、ベスト8にもしかしていくんじゃないかと思ってた人もいたようです」「結果に対しては落胆の声が多い」と評されているという。

さらに、宮本氏が日本のサッカーについて、3つのキーワードで提言した。

1つは「インテンシティー」。これは「守る攻める、攻めてから守るという連続性」のことを指すのだという。「それがこれからのサッカーに求められる。アジアのチームが苦しんだのはこういったところ」だと解説した。

2つめは「スタイル」。宮本氏は「いいところを真似することは必要」「チリのプレスの上手さ、メキシコのボール回しは是非とも真似するべき」と提唱。さらに「日本がもっているアジリティの良さであったり、規律の正しさだったり、パスワーク。本来持っている良さっていうものもミックスしながら、自分たちのスタイルを付け足していく作業っていうのはずっとやっていく必要がある」と語った。

3つめは「試合の流れに応じた戦い」。今大会の日本代表では「自分たちのサッカー」という言葉がよく使われていたが、宮本氏は「そうしたいのは当然なんですね」としながらも「相手が強かったり、試合の流れに応じて、この時間帯は得意のパスサッカーを止めてまでも守らなければいけない、この時間帯なら攻められる、といったところを90分間通して試合を作っていく、流れに応じた戦い方ができないと世界ではさらに上に行くことはできない」とコメントした。

なお、宮本氏は、こうしたサッカーをするためには「トップの選手の問題だけではなくて、育成年代からどういうサッカーをすべきか、このときにはどういったことを選択すべきかってところを教えていくそういった必要がある」と若手選手育成の重要性を説いた。

【関連記事】
野球評論家・張本勲氏、アギーレ氏を代表新監督に起用したサッカー協会に苦言 「日本の人でやってくださいよ」
岡田武史氏がW杯解説で日本代表に提言 「代表チームだけ強化しても勝てない」
加藤浩次が「スッキリ!!」でザックJAPANのズレを指摘 「日本はポゼッションにずっとこだわっていた。ズレていた」