写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オールアバウトが運営する「生活トレンド研究所」はこのほど、首都圏(東京、埼玉、神奈川、千葉)の20歳〜69歳の男女1,118人を対象に実施した「肉」に関するアンケート調査結果を明らかにした。調査期間は7月9日〜11日。

まず、たんぱく質を含む主な食品の嗜好(しこう)度について聞いたところ、「とても好き」「好き」を合わせた回答が多かったのは「豚肉」(79.7%)、「牛肉」(76.7%)、「鶏肉」(76.1%)となった。喫食頻度について尋ねると、2〜3日に1回以上食べるのは「鶏卵」(61.7%)、「乳製品」(56.6%)、「豆腐」(44.1%)が多く見られた。肉類については「豚肉」が42.5%で最多、「牛肉」は嗜好(しこう)度が高いにも関わらず17.3%であった。

次に、昔はよく食べたが今は食べていない・食べられない食品について聞くと、「牛肉」(33.6%)、「肉加工品」(30.4%)、「豚肉」(25.7%)が上位となった。最も多かった「牛肉」についてその理由を尋ねると、50代と60代は「健康を考えて」、20〜40代は「値段が高いから」が最も多い結果となった。また、20代では5人に1人が「太りそう」と回答した。

(フォルサ)