写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本アムウェイはこのほど、同社の子ども用サプリメントの発売を記念したイベント「ニュートリキッズ ファミリーパーク」を開催した。

7月15日に発売された「ニュートリキッズ」は、“子どもの健やかな成長は適切な食事と運動、そして栄養摂取から成り立つ”という考えのもと、同社が開発した子ども用のサプリメント。12種類のビタミンと5種類のミネラルを配合したチュアブルタイプの「ニュートリキッズ トリプルバランス」(5,390円)と、カルシウムとカルシウムの働きを助けるビタミンD、さらにマグネシウムをバランスよく配合したソフトキャンディータイプの「ニュートリキッズ カルチャージ」(3,750円)を第1弾として販売している。

今回のイベントは、サプリメントが掲げるコンセプトを体現したもので、“食育”と“遊育(あそいく)”の2つをテーマで親子で楽しめるプログラムがそれぞれ行われた。

まず最初は、食育ワークショップ「食の探偵団」を主宰するなど、食育講師として多方面で活動しているサカイ優佳子さんによるセミナーを開催。「食育とはまずは食に興味を持つこと」とし、子どもたちが五感を働かせて体験できるクイズやゲームが行われた。

次は、1999年4月から2005年3月までNHKの幼児向け番組「おかあさんといっしょ」でダンスのお姉さんを務めたことで知られる、きよこさんが登場。NHKエデュケーショナルが提唱する“遊育(あそいく)”のプログラムを取り入れたアクティビティが行われた。

レクチャーを行ったきよこさんは「将来に向けて身につけておいてほしい36の基本動作があります。身体を使った遊びを通じて自然にバランスよくそうした動きを身につけてもらいたい」と説明。さらに、その後もジャンケンとストレッチを組み合わせたゲーム感覚の遊びなど身体を使った親子で楽しめる各種アクティビティをが行われ、「楽しかった、もっとやりたいという気持ちが新しいことに挑戦したいというチャレンジ精神につながっていってほしいです」とコメントした。

(神野恵美)