舞台プロデュースのGACKTが2人のヒロインに意図説明「残酷なんです、僕は」

ざっくり言うと

  • GACKTが29日、舞台の公開舞台げいこを行い、ヒロイン役を初お披露目した
  • 100人以上の応募から、グラビアアイドルとモデルが選ばれたという
  • GACKTは「ダメな方を外せばよい。残酷なんです、僕は」と説明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング