人気乙女ゲームが毎月連続でリリース

写真拡大

パピレスはアイディアファクトリーが提供する乙女ゲームブランド「オトメイト」作品を、「絵ノベル」形式で電子書籍化し、2014年7月29日から配信をはじめた。

映画化・アニメ化など各種メディアで展開され、人気を集める『薄桜鬼』をはじめ、『猛獣使いと王子様』、『神なる君と』、『源狼』、『CLOCK ZERO』等の人気乙女ゲームが毎月連続でリリースされる。

「絵ノベル」はパピレスが独自開発した、小説やゲームをシナリオ化して「より分かりやすく・より読みやすく」した新感覚のデジタルコンテンツ。

.札螢佞篳絃呂魄貭蠅諒源数で区切ってウィンドウ化し、スクロール動作で閲覧できる
∧語の背景やキャラクター画像など、ストーリーに付随したビジュアルを文章と共に常時表示する

といった特長がある。

「オトメイト」のゲーム作品のシナリオを、華麗なキャラクタービジュアルや背景画像と共にデジタルコンテンツとしてPC、タブレット、スマートフォンで楽しめる。「絵ノベル」版には選択肢などは入らず、乙女ゲームをプレイしたことのない人でも気軽にストーリーの体験が可能。これに先立って3月に配信した「AMNESIA」は好評という。