モコモコとした質感のゴジラ

写真拡大

テディベアで知られるドイツのシュタイフは2014年7月25日から、ゴジラ生誕60周年を記念したぬいぐるみ「シュタイフ×ゴジラ」の予約を受け付けている。

11月3日から販売を開始する予定。

1954体、日本限定で

シュタイフは、1880年にドイツで高級ぬいぐるみブランドとして創業。世界で初めてテディベアを作ったことで有名だ。職人たちの手により一体ずつ創り出されるぬいぐるみたちは、世界で高い評価を受けている。

そんなシュタイフが手掛ける「シュタイフ×ゴジラ」は、全長50センチでモヘアというヤギの毛を使用したこだわりの一品。初代「ゴジラ」が公開された1954年にちなんで、日本限定で1954体が発売される。

価格は5万1300円(税込み)。