『体を壊す13の医薬品・生活用品・化粧品』(幻冬舎新書)

写真拡大

 いよいよ梅雨もあけ、本格的に夏が到来した。汗をかきやすいこの季節、多くの人が汗のにおいを気にするが、ある人たちのあいだでは、もうひとつ悩みがある。それは、汗によって髪がべったり張り付き、薄毛がバレてしまうのでは?......ということだ。

 薄毛は中年男性の悩みだと思われがちだが、若い男子にも思い詰めている人は数多い。さらに女性にとっても、薄毛によって髪にボリュームが出ないことは悩みのタネ。老若男女共通の問題なのだ。でも、どうして薄毛になってしまうのか──その原因のひとつを「みなさんが毎日行っているシャンプーを使った洗髪にあると考えられます」というのは、『体を壊す13の医薬品・生活用品・化粧品』(渡辺雄二/幻冬舎新書)だ。

 多くのシャンプーの洗浄成分は、合成界面活性剤のアルキルエーテル硫酸エステルナトリウム(AES)、AESのなかでもポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム、略称「ラウレス硫酸Na」というものだ。この「ラウレス硫酸Na」は皮膚に対する刺激性があるそうで、本書によれば「ラウレス硫酸Naの0.25%溶液をヒト29人の皮膚に、48時間貼付した実験では、6人がかすかに赤くなり、1人には強い刺激反応がありました」という。この刺激性が「頭皮を赤くしたり、かゆみなどをもたらす可能性がある」らしい。そして、髪を守っているキューティクルも傷つけられているというのだ。

 ある実験では、市販のシャンプーで毎日髪を洗っている22歳の女性は「20層あるキューティクルが溶けてしまい、変形」。同じように45歳の男性も「キューティクルが溶けて落ちかけていました」と著者は述べている。

 なかには「キューティクルが溶けても、髪にツヤがなくなるだけでは?」と思う人もいるかもしれないが、キューティクルが完全に破壊されてしまうと、深部にある毛髄質という糸状の細胞がむき出しになってしまう。つまり、髪が脆くなり、毛が抜けるサイクルが早くなってしまうのだ。

 ラウレス硫酸Naは浸透力も強く、毛が抜け落ちた毛根部(の毛乳頭、毛母細胞)にもダメージを与え、毛が作られにくくなってしまう。このため、結果的に薄毛になってしまうのではないかというわけだ。

 この「ラウレス硫酸Na」は、実は台所用洗剤に含まれている成分。つまり、私たちは、台所用洗剤で髪の毛を洗っているのと変わらないのだ。

 それだけでも恐ろしい話だが、さらに、身体を洗う際に用いるボディソープは、台所用洗剤の成分でもある「ラウレス硫酸Na」とともに、略称「ラウレス--4」という成分も含まれていることが多い。「ラウレス--4」の正式名称は、ポリオキシエチレンラウリルエーテル。合成界面活性剤の一種として、洗濯用洗剤にも配合されているものだ。なんと、ボディソープは台所用洗剤と洗濯用洗剤の成分が含まれていることになるのだが、こうしたボディソープがアトピー性皮膚炎を引き起こしているおそれを指摘する研究もあるという。

「一度どこのメーカーの製品でもいいので、その成分表示を見てみてください。多くの製品には、最初に『水』と書かれているはずです。つまり、水が一番多いということです。わざわざお金を払って、水を買っているようなものなのです。ボディソープは、製造している会社にとっては一攫千金の商品でしょう」(同書より)

 水に台所用洗剤や洗濯用洗剤の成分を加えたボディソープを使い、知らず知らずのうちに、かゆみや発疹、発赤、さらにはアトピー性皮膚炎を引き起こしているとしたら......。著者は「消費者にとっては、ボディソープはほとんどメリットはないかもしれない」といい、ボディソープの代わりに「無添加せっけん」、シャンプーの代わりに「無添加せっけんシャンプー」を使用することを薦めている。

 薄毛やアトピーに悩む人は、まず一度、バスルームのシャンプーやボディソープの成分表を見てみるといいかもしれない。
(河内保雅)