27日、韓国農林畜産食品部は8月からサムゲタンの対米輸出をスタートさせることを明らかにした。韓国は10年かけて参鶏湯の輸出許可を得たことになる。写真はサムゲタン。

写真拡大

2014年7月27日、韓国メディア・ニューシースによると、韓国農林畜産食品部は同日、8月からサムゲタン(参鶏湯)の対米輸出をスタートさせることを明らかにした。サムゲタンは韓国宮廷料理の代表的存在であり、韓国人から最も愛されている料理の1つで、暑い夏の栄養補給にも適した料理だという。環球時報(電子版)が伝えた。

【その他の写真】

今年5月、米国は韓国が米国向けに家禽肉加工食品を輸出することを許可し、それに関連する協議も次々に決着。韓国農林畜産食品部は「10年かけてサムゲタンの輸出許可を得た。韓国の畜産業の悲願を達成するとともに、韓国の家畜肉衛生管理が米国に求められたことは大きな意味を持つ」としている。

関連手続きが完了した後、韓国は8月上旬にも国産サムゲタンを米国へ輸出することになる。また、韓国は中国と欧州連合(EU)への輸出に向けて検疫に関する協議を重ねている。(翻訳・編集/岡田)