武井壮、トランスフォーマーに「実は出るはずだった」次回は出演確定!?

写真拡大

7月28日、都内で映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』のジャパンプレミアが開催され、トランスフォーマー30周年記念大使』に選ばれた武井壮(41)が出席。実は今作に出演する予定で撮影地の香港まで遠征していたことを明かした。

この日、東京・中央区の江戸桜通りを完全封鎖。本作の人気キャラクターをモチーフにした赤と青の“オプティマスカラー・カーペット”が用意され、黒の浴衣に赤と青を差し色にした金の帯をしめた武井が登場すると、「武井さんカッコイイ!!」と歓声があがった。また、ヒロイン・テッサ役のニコラ・ベルツ、シェーン役のジャック・レイナー(22)も来日。約20分かけてサインなどのファンサービスを行った。

香港で行われたワールドプレミアにも出席したという武井。そこで、マイケル・ベイ監督にオファーさせてもらったと話し、その経緯について「実は今作に出演する予定で撮影しに香港まで行った。でも、撮影がおしてしまい、シーンが無くなってしまったんです」と告白。つづけて「口約束だけど次回作にOKをもらえました。それまでにボディーなど武井壮を進化させたいです」と更なる肉体改造を宣言した。

熱意が溢れすぎたのか、挑戦したい役について「武井壮が・・・・・・」とコメントに詰まってしまった武井をジャックが優しくフォロー。背中を叩いてあげるなど、次回作の戦友(?)をねぎらった。

映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』は8月8日(金)より3D/2D IMAX 全国ロードショー。
(C)2014 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMER and all related characters are trademarks of Hasbro.

(撮影/夛留見彩)