現地7月27日、第101回ツール・ド・フランスはゴールのパリ・シャンゼリゼを疾走して幕を下ろした。日本人で唯一ツールに参戦し、チーム内でアシストライダーとしての役割を担う新城幸也は、総合65位でフィニッシュ。途中でリタイアすることなく、見事に最後まで走り切った。3週間の長きに渡るレースで、新城のようなアシストライダーにはどのような走りを求められているのか。今年のツールを例に挙げながら、エースを勝たせるために走るアシストライダーの役割などを紹介しよう。

 2014年のツール・ド・フランスは、ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア/アスタナ・プロチーム)が総合優勝を飾って閉幕した。昨年の覇者クリス・フルーム(イギリス/チーム・スカイ)や、下馬評で優勝候補筆頭だったアルベルト・コンタドール(スペイン/ティンコフ・サクソ)が、ともに序盤のステージで負傷を喫して早々にリタイアしてしまったため、それ以降はニーバリが圧倒的な優位を保ったまま、3週間のレースが推移していった。今回のツール・ド・フランス優勝により、昨年のジロ・デ・イタリアと2010年のブエルタ・ア・エスパーニャを制したニーバリは、史上6人目となる3大グランツール完全制覇を達成した。

 この偉業は、もちろんニーバリが優れたロードレーサーである証(あかし)だが、同時にチームのアシストライダーたちによる、「エースを勝たせるための献身的な働きの成果」でもある。エースライダーとアシスト選手たちがチーム一丸となって機能する複雑な戦略や駆け引きは、サイクルロードレース最大の魅力であり、醍醐味だろう。しかし、レースに興味を持ち始めたばかりの初心者やライトなファンには、選手たちが前に出たり、集団で走行したりすることの意味や目的をなかなか理解しづらいのも事実だ。

 そこで今回は、エースを勝たせるためのアシストライダーの働きや、チーム戦略について、簡単に説明を試みてみることにしよう。

 ツール・ド・フランスをはじめとするワールドツアークラスの大きなレースでは、各チームから9名の選手がエントリーする。この9名の中には、スプリンターやクライマー、ルーラー、パンチャーなど、様々な脚質を持った選手がいる。各チームでエース格と目されている選手は、総合的な力を備えたオールラウンダーであることが多い。このエースを支えるアシスト選手たちの仕事は、その脚質のタイプによって様々な役割があるが、その代表的なもののひとつが、エースの体力を最後の勝負どころまで温存させておくための「風よけ」や「ペースコントロール」だ。

 自らの脚力と心肺機能のみを頼りに、生身の身体を大地にさらして連日200キロ以上の距離を走行し続ける自転車レースでは、風こそが体力を消耗させる最大の敵である。ママチャリのような自転車でさえ、強い向かい風の中を走行していると、ペダルが重くなり、なかなか思ったように前へ進まなくて苦労する――といった経験は、誰しも一度や二度くらいは心当たりがあるはずだ。そんな自分自身の体験を思い返せば、平均時速40キロから50キロ以上で走行するサイクルロードレースで、風の影響がどれほど大きいかということは容易に想像できるだろう。

 そのために選手たちは、エースを風から守るための隊列を組む。ゴール最後の数キロがスプリント勝負になるようなステージでは、エースをぎりぎりまで牽引していくアシスト選手の数は、多ければ多いほどいい。アシスト選手たちが交代で前に出て、順番に風除けとなって隊列を組みながら走行する様子は、何台もの列車が連なる姿にたとえて「トレイン」と呼ばれる。また、吹きさらしの場所で横風を避けるために風上方向から選手たちが斜めに並ぶ場合、その隊形は「エシュロン」という。

 サイクルロードレースが面白いのは、これらの戦略は単一チームの行動だけでなく、利害が一致する複数のチーム間で共同戦線が張られるところだ。1日に何百キロも走行するレースでは、最初から最後までライバル同士が角(つの)突き合わせるのではなく、最大の勝負ポイントまではお互いに体力を温存しながら交代で風を除け、ペースをコントロールしていこう――というわけだ。そのため、大勢の選手たちが形勢する「プロトン」と呼ばれる大集団や、あるいはこのプロトンから逃げを計る数名の集団の中では、異なるユニフォームの選手たちが先頭を交代しながら、一定のところまで協調して走行してゆく姿がよく見られる。

 もちろん、このチーム同士の協調や異なる選手間の「先頭交代」は、ルール上の決め事ではなく、あくまで紳士協定であるため、それぞれの思惑や駆け引きに応じて協調に乗るチームもいれば、頑(がん)として協力に応じない選手もいる。それが、一筋縄ではいかないレース展開をさらに複雑化させてゆくというわけだ。

 たとえば、メイン集団のプロトンから逃げを計る選手たちにどう対処するか、という計算や策略などは、その最たるものだろう。

 日々のレースでは往々にして、スタート直後から飛び出してメイン集団からの逃げを目論む選手たちが登場する。もちろんその選手たちの逃げは、素人のマラソン大会のような単純な行動ではなく、複雑で深遠なチーム戦略の一環である場合がほとんどだ。序盤から逃げを計る選手は、最後までそのリードを保ち続ければステージ優勝できるが、集団を形成して追いかけるほうも世界のトップクラスの選手ばかりなのだから、そのような目論見はむしろ成功することのほうが珍しい。メイン集団の側から見れば、これらの逃げは、あとで追いつけることを十分に見越した上で容認し、泳がせている場合がほとんどだ。

 今年のツールでは、第15ステージがその見本のような展開になった。序盤に飛び出して逃げを試みたジャック・バウアー(ニュージーランド/ガーミン・シャープ)は、メイン集団との距離を開き、数名の選手とともに先頭で独走状態を作った。しかし、ゴール手前数百メートルで怒濤の追い上げを見せたメイン集団のスプリントにあっさりと呑み込まれ、バウアーは10位でゴール。200キロ以上独走し、文字どおり目前に迫っていた初ステージ優勝は、一瞬で消えてしまった。

 このように、逃げが成功する可能性は非常に低いにもかかわらず、それでもほぼ毎回、逃げグループは発生する。その理由は、
・自分たちを追わせることで、ライバルの体力を消耗させるため
・トップを走行するとテレビに映る機会も多く、スポンサーへのアピールになる
 などの事情がある場合が多いようだ。

 このように、逃げを試みるのはアシスト選手の重要な役割だが、その逃げを追走して潰すのもまた、アシスト選手の重要な仕事だ。

 ほかにも、アシスト選手に課せられる働きには、山岳の登りなどでペースを一気に上げて大集団を破壊して分散させ、上位走行選手の数をふるいにかける、という仕事もある。

 第13ステージでは、新城幸也(チーム・ユーロップカー)が一級山岳の登りでメイン集団のトップに出て牽引し、選手たちの数を減らしてからチームのエースに勝負を託す、という好アシストを見せた姿が印象的だった。

 TeamUKYOの中心選手である土井雪広も、欧州のプロツアーチーム時代はこのアシストが自らに課せられた役割だった。土井は、今年4月に刊行した著書『敗北のない競技』(東京書籍)の中で、アシストという仕事の重要性と達成感について、「消防士が仲間と協力して、たったひとりのケガ人も出さずに超高層ビルの火災を消し止める。その時の気持ちに近いかもしれない」と説明している。

 現在、TeamUKYOは欧州に遠征している。7月25日にスペインで行なわれた「ヴィアフランカ・オルディシアコ[1.1]」では、TeamUKYOのリカルド・ガルシアが世界的強豪のプロツアーチームやプロコンチネンタルチームを相手に健闘。優勝者と1分36秒差の19位でフィニッシュした。チームメイトのホセ・ビセンテは33位。彼らのこの活躍は、土井や、チームキャプテンの狩野智也がアシストとして重要な仕事を果たした成果でもある。

 チームの顔として華々しい結果を残すエースライダーたちの蔭で、縁の下の力持ちとして、文字どおり身を挺(てい)して献身的な犠牲となるアシスト選手たち――。その機微(きび)や信頼関係をプロトンの大集団の中に見い出すことができたとき、あなたもきっとサイクルロードレースの虜(とりこ)になるだろう。

(次回に続く)

西村章●構成・文 text by Nishimura Akira