野球評論家の張本勲氏が、27日放送の情報番組「サンデーモーニング」(TBS系)で、日本サッカー協会の方針に苦言を呈した。

この日の放送では、サッカー日本代表の新監督に就任するハビエル・アギーレ氏について紹介。アギーレ氏が選手時代に1986年のW杯メキシコ大会でメキシコの最高成績となるベスト8進出に貢献したことや、同国の代表監督として2002年の日韓、2010年の南アフリカ大会と2度に渡りチームをベスト16に導いたことなどが説明された。

司会の関口宏氏がフリップでの解説を終えると、張本氏は開口一番に「『喝!』入れて下さい!サッカー協会」と発言。

関口氏が怪訝な顔をして「え?喝?」と返すと、張本氏は「日本の代表チームですよ。野球のWBCの監督を外国人にしたら、これは抵抗ありますよ」とコメントし、新監督が日本人でないことへの違和感を示した。

さらに、張本氏は「日本の卒業生の中には(ふさわしい人が)いるんですから。いないと言うなら私が…推薦してあげますよ」「やっぱり日本の人でやってくださいよ」などと、繰り返し日本人の監督就任を希望した。

また「この監督が、良いとか悪いとかじゃないんですよ」と前置きしつつ、「日本サッカー協会はもう少し考えていただかないと」などと終始サッカー協会の方針に苦言を呈していた。

ゲスト出演した野球解説者の下柳剛氏も、張本氏に同調し「張本さんに『あっぱれ』だよ」と発言。「もっと国内で選手を見ている人を、監督にされたほうががいいんじゃないのかな」「(国外から)いきなり来て、ちょっと見て、チョイスってのも、選手の頑張りにも影響するのではないかな」などと、今後の日本代表への懸念を語った。

一方、この日はVTRでの出演となったサッカー解説者・中西哲生氏は、アギーレ氏の実績に触れ「この経験は非常に大きいと思います」などと前向きに発言。「アギーレ監督は引き出しが多い監督なので、攻撃も守備も進化させられる可能性を持っています」「うまくいくかどうかは、やってみないとわかりません」などと、新監督への評価を語った。

【関連記事】
掛布雅之氏、張本氏のダメ出しを遮り「あっぱれ!」と反対意見
野球評論家・張本勲氏、W杯3位決定戦を疑問視 「意味あるの?」
野球評論家・張本勲氏、W杯を解説するサッカー解説者・中西哲生に「悪いけど、もうサッカーの話はいいんじゃないの?」と横やりを入れる
ナイナイ・矢部浩之、ハビエル・アギーレ氏のサッカー日本代表監督就任に触れ「日本人監督見たいですよね?」