主なたんぱく質の嗜好度

写真拡大 (全8枚)

 オールアバウトが運営する「生活トレンド研究所」は、2014年第11弾のレポートとして、「肉」に関するアンケート調査を実施した。調査期間は7月9日〜7月11日、首都圏(1都3県)在住の20〜69歳男女1,118人から有効回答を得た。

 たんぱく質を含む、主な食品の嗜好度について聞いたところ、「好き」(「とても好き」+「好き」)と回答した人が多かったのは、「豚肉」(79.7%)、「牛肉」(76.7%)、「鶏肉」(76.1%)と、肉類が上位を占めた。しかし、喫食頻度について聞くと、「2〜3日に1回以上食べる」(「毎日」+「2〜3日に1回」)と回答した人が多かったのは、「鶏卵」(61.7%)、「乳製品」(56.6%)、「豆腐」(44.1%)等が上位を占め、肉類については「豚肉」が一番高く42.5%だったが「牛肉」は嗜好度が高いにも関わらず17.3%と、喫食頻度は低いことが明らかになった。

 また、挙げている食品について、「昔(30代〜60代は20代の頃、20代は学生時代を想定)はよく食べたが今は食べていない・食べられない食品」について聞くと、「牛肉」(33.6%)、「肉加工品」(30.4%)、「豚肉」(25.7%)と、肉系の食品が多く挙げられた。中でも一番多かった「牛肉」について、その理由を年代別で聞いてみると、50代と60代は「健康を考えて」が一番多く(50代30.3%、60代42.1%)、20代〜40代は「値段が高いから」が一番多い結果となった(20代27.4%、30代29.2%、40代33.0%)。また、20代では5人に1人が「太りそう」と回答している。

 今回の調査で、外食についてその頻度と平均予算について年代別で聞いたところ、ファストフードもそれ以外についても、年代が若くなるにつれて頻度が高くなる傾向にあることがわかった。また、平均予算については、どの年代についてもファストフードもそれ以外も、2,000円未満と回答した人が多いという結果になった。