明治天皇の玄孫で作家の竹田恒泰氏が25日、自身のYouTube公式チャンネルで、舛添要一東京都知事の韓国訪問について「都知事ごときが舐めたことすんじゃねえ」などと怒りをあらわにした。

舛添知事は23日から、ソウル市長の招待により都知事としては18年ぶりに韓国を訪問した。訪韓前には「都市外交で日韓関係をよくしたい」と話し、2020年の東京五輪と18年の平昌冬季五輪の連携を深めることなどに意欲を示していた。

竹田氏は、知事の訪韓を伝えた朝日新聞の記事を読み上げると「日韓関係の改善をするために(韓国に)出かけるというんですよ。なんという出過ぎた話ですか」と批判。外交権があるのは自治体ではなく内閣だとし、舛添知事は「都市間の国際親善」の活動にとどめておくべきだと指摘した。

怒りの収まらない竹田氏は、「あんた(舛添知事は)いつから外務大臣になったのって話ですよ。都知事ごときが舐めたことすんじゃねえぞ」「『外交』言うな」とまくし立てた。

五輪の連携についても「余計なことはしなくていい」とばっさり。「韓国から求められてよかれと思って何かすると、大変なしっぺ返しがくる」とし、「都知事が余計なことするな」と繰り返し主張した。

竹田氏はツイッターでも知事の韓国訪問を批判した。26日には「都に外交権などない。知事ができるのは『国際親善』まで。日韓友好が正しいという時代は終わった。韓国と距離を置くことが日本の国益に繋がる」と投稿した。このツイートは、28日正午時点でリツイート数が1900に達するなど注目が集まっている。

28日にも竹田氏はツイッターを通じ、日本は韓国と距離を取るべきだと訴えた。「米韓安保と日米安保がある手前、日韓開戦に至ることはない。安心して距離をとっていい。それより、早く拉致問題を解決して日朝国交正常化を推進すべきだ」と投稿している。


【関連記事】
田母神俊雄氏、竹田恒泰氏と原発再稼働問題でバトルし劣勢に 「場所は…あの…」と言葉に詰まる
竹田恒泰氏、セクハラやじを受けた塩村文夏都議に対して「どこかの国の連中とおなじ臭いがする」とTwitterに投稿
舛添都知事、ソウルで朴大統領と会談 慰安婦問題も