写真提供:マイナビニュース

写真拡大

気象庁はこのほど、降水域の分布を高い解像度で解析、予測する「高解像度降水ナウキャスト」の提供を、8月7日より開始すると発表した。

新たに提供する「高解像度降水ナウキャスト」は、30分先までの5分ごとの降水域の分布を250メートル四方の細かさで予測し、5分間隔で提供することが可能。

従来の「降水ナウキャスト」で提供していたデータは1km四方のものだったが、より狭いエリアのデータを入手することが可能となることから、近年頻発している局地的なゲリラ豪雨対策にも役立つと見られる。

これらの情報は、気象庁のホームページにおいて、1枚の画像で現在と将来の降雨状況が把握できるように表示されるとのこと。また、スマートフォン用のページも用意しているという。

写真と本文は関係ありません