映画『日々ロック』より宇田川咲役の二階堂ふみ ©2014「日々ロック」製作委員会 ©榎屋克優/集英社

写真拡大

11月22日から全国で公開される入江悠監督の新作映画『日々ロック』から、ヒロイン役の二階堂ふみのビジュアルが公開された。

【もっと写真を見る】

同作は『週刊ヤングジャンプ』で連載中の榎屋克優による同名漫画の実写映画版。ライブで極限までエキサイトすると思わず全裸になってしまうという癖を持つ冴えないロックミュージシャン・日々沼拓郎とトップアイドル・宇田川咲の出会いや、拓郎の熱い青春などを描く。拓郎を演じる主演の野村周平に加え、前野朋哉、落合モトキ、岡本啓佑(黒猫チェルシー)、古舘佑太郎(The SALOVERS)、喜多陽子、毬谷友子、蛭子能収、竹中直人らがキャストに名を連ねている。

同作で二階堂が演じるのは、テクノポップサウンドにのせた歌やダンスで観客を魅了するトップアイドルであると同時に、拓郎のバンド「ザ・ロックンロールブラザーズ」のライブに乱入し、強引にギターとマイクを奪う凶暴な一面を持つヒロイン・咲。二階堂は、野村演じる拓郎のライブに乱入するシーンで、RCサクセションの“雨あがりの夜空に”を熱唱しているという。

また、咲がアイドルとして歌う楽曲はDECO*27が手掛けており、二階堂は先日行われたライブシーンの撮影について「お客さんも一緒に乗っているっていう設定だったので、画面を通してやらされている感じが出ないように、本当に乗せなきゃいけないと思いました。自分がどこまで出来るんだろうって考えていたけど、楽しく、気持ちよく演じることができました」とコメントしている。今回公開されたビジュアルでは、咲のアイドル姿と「ロック」な姿の両方を確認することができる。