空飛ぶバイクの試作機、Kickstarterに登場(動画あり)

写真拡大

空飛ぶホヴァーバイクの1/3スケールの試作機が、資金調達サイトKickstarterに登場した。

「空飛ぶバイクの試作機、Kickstarterに登場(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

空中を滑空する「ホヴァーバイク」が湿地帯のなかを飛ぶときの、複数の巨大なプロペラの音ほど、「これぞ未来!」という音はない。

Malloy Aeronautics社にはそれがわかっている。だからこそ、同社の主任技術者であるクリス・マロイは、いつか人間を道路から浮かせようと懸命に取り組んでいるのだ。

2014年5月の記事では、カリフォルニアに本拠地を置くAerofex社が発表した空飛ぶバイク「Aero-X」(価格は85,000ドル、2人が搭乗でき、3年後の発売予定)を紹介した。一方で2011年にデュアル・ローター設計のプロトタイプを披露して以来、Malloy Aeronautics社は、数回の設計変更を経て、クアッドコプターのデザインにたどり着いた。そして開発チームは、さらなるテストと製作のための資金を調達するため、新しい「Kickstarter」キャンペーン支援者へのご褒美として、1/3スケール版をつくった。

1/3スケールのレプリカは、全長1.15m、重量2.2kg(空荷時)の無人航空機で、約1.5kgの荷物を運ぶことができる。飛行コントローラー「3DR Pixhawk」があれば、遠隔操作が可能なほか、自動操作で事前に定めたコースを飛ばせたり、地上パイロットに付いて来させたりできる。

小型レプリカには、機体に乗せる、3Dプリンターによる1/3スケールのヒューマノイドが付いてくる。ヒューマノイドの頭部にはGoProカメラが入る窪みがあり、カメラを搭載すれば飛行時の視点がわかる(次ページに動画)。

TAG

DroneHeadlineNewsHoverbikeRecommendVideoWiredUK

この新しいサイボーグの友人は、急降下したり、安定した飛行を楽しんだりすることになる。「オレンジジュースが入ったグラスを6番テーブルに運べるほど」安定した飛行だ。機体は折り畳み可能で、飛ばす場所へと持ち運びしやすい。

直線飛行の最高速度は時速72kmと、目をかすませるには十分なスピードだが、フルサイズのプロトタイプの理論値である時速278kmには程遠い(ちょっと信じられないが)。

また、マロイ氏は、ホヴァークラフトからダクト内プロペラを取ってきて1人乗りの機体に使った場合として、最高高度は3,048mにも達すると述べているが、われわれとしてはちょっと疑わしいと思う。

TAG

DroneHeadlineNewsHoverbikeRecommendVideoWiredUK

フルスケールのプロトタイプも製造中

小型プロトタイプの「最小限度の」セットは、期間限定で715ポンド(12万3600円)で入手できる(以降は1,050ポンド:約18万円)。最小セットは、無線送信機を自分で搭載することが必要だ。「Pixhawk」コントローラーが搭載されたフル・パッケージは1,150ポンド(19万9000円)。

キャンペーンは現在、目標額の30,000ポンド(518万円)の2/3にまだ少し届いていない。この資金が全額調達できると、マロイ氏が率いる小さなチームが、重なるローター4機のデザインによる実物大ヴァージョンの製作とテストを行えるようになる。

※カリフォルニアに本拠地を置くAerofex社も、2014年5月、空飛ぶバイク「Aero-X」の発表を行った。85,000ドルで、2人の人間(最大140kg)を輸送することができ、地上3mの高さに浮かんで時速72kmにまで到達するという(文末の動画)。

TAG

DroneHeadlineNewsHoverbikeRecommendVideoWiredUK