ロシアで開催されている『第26回バレンティン・グラナトキン国際フットボールトーナメント』に出場中のU-18日本代表は8日、グループC第3戦でU-18アゼルバイジャン代表と対戦し、4-1で快勝した。3連勝でグループリーグを突破した日本は10日の準決勝でトルコと対戦する。

 アゼルバイジャンが前半17分に退場者を出し、数的優位に立った日本。同19分、DF進藤亮佑(札幌U-18)のゴールで先制すると、FW高木彰人(G大阪ユース)が同22分、24分に連続ゴールを決め、3-0とリードを広げた。後半13分にはMF杉本太郎(帝京大可児高)がダメ押しゴール。同18分に1点を返されたが、4-1で快勝した。

【出場メンバー】

▽GK

林瑞輝

▽DF

進藤亮佑

46分→茂木力也

石田崚真

坂井大将

▽MF

瓜生昂勢

75分→渡邊凌磨

杉本太郎

宮本航汰

鈴木徳真

▽FW

松原后

高木彰人

61分→北川航也

奥川雅也

61分→中野雅臣

▽控え

GK:吉丸絢梓

DF:三竿健斗、山口真司

【グループC順位表】

1位:日本(勝ち点9)

2位:ギリシャ(勝ち点4)

3位:チェコ(勝ち点3)

4位:アゼルバイジャン(勝ち点1)

【準決勝対戦カード】

スロバキアvsロシア

日本vsトルコ