ロシアで開催されている『第26回バレンティン・グラナトキン国際フットボールトーナメント』に出場しているU-18日本代表は12日、決勝でU-18ロシア代表と対戦し、3-0で勝利。大会5試合全勝で、優勝に輝いた。

 後半6分にMF杉本太郎(帝京大可児高)のゴールで先制した日本は、その後もFW北川航也(清水ユース)が2ゴールを重ねて、3点をリードする。このリードを最後まで守り切り、3-0で頂点に立った。

U-18日本代表 3-0(前半0-0) U-18ロシア代表

【得点】

1-0 51分 杉本太郎

2-0 62分 北川航也

3-0 73分 北川航也

【出場メンバー】

▽GK

吉丸絢梓(神戸U-18)

89分→林瑞輝(G大阪ユース)

▽DF

三竿健斗(東京Vユース)

82分→宮本航汰(清水ユース)

山口真司(神戸U-18)

進藤亮佑(札幌U-18)

石田崚真(磐田U-18)

89分→坂井大将(大分U-18)

茂木力也(浦和ユース)

▽MF

杉本太郎(帝京大可児高)

62分→渡邊凌磨(前橋育英高)

中野雅臣(東京Vユース)

89分→瓜生昂勢(筑陽学園高)

鈴木徳真(前橋育英高)

▽FW

奥川雅也(京都U-18)

82分→松原后(浜松開誠館高)

北川航也(清水ユース)

75分→高木彰人(G大阪ユース)