写真提供:マイナビニュース

写真拡大

美容外科「東京イセアクリニック」はこのほど、同院でアンダーヘア脱毛を行った20代〜50代の男性患者を対象に実施した「アンダーヘア脱毛に関するアンケート調査」の結果を発表した。調査は7月1日〜21日にかけて行い、105名から有効回答を得た。

今回の調査で、アンダーヘア脱毛をした男性を年齢別で分けたところ、30代が39.0%と最も多く、続いて20代と40代が同率で28.5%だった。

まず、お金を払ってでも、医療機関でアンダーヘア脱毛を行う理由について尋ねたところ、「見た目の悩み(毛深い、濃い、量が多い、長さが嫌など)」が最も多い回答となった。2位は「清潔感、衛生面の理由(夏場のムレ、かゆみなど)」、3位は「肛門周囲の悩み(不要、排せつ時に不便、痔(じ)、コンプレックスなど)」だった。

アンダーヘア脱毛して、良かった点を聞いたところ、スッキリした、臭いやムレがなくなったなどの理由で「清潔感、衛生的」が1位だった。2位は「見た目がきれい(見栄えがいい、理想の形)」、3位は「排泄時が楽」となっている。一方、アンダーヘア脱毛で悪かった点については「ない(思い当たらない、やってよかったしかない)」という回答が最も多く、満足度は非常に高いようだ。

アンダーヘアの手入れをしない同性(男性)をどう思うか尋ねたところ、「個人の自由(何とも思わない、特に気にしない)」という意見が最も多かった。しかし、アンダーヘアの手入れをしない女性をどう思うか聞くと「女性として残念(美意識を疑う、清潔感がないなど)」「手入れするべき」「不潔・不衛生」という意見が上位を占めた。

(フォルサ)