スロバキア遠征を行っているU-18日本代表は29日、スロバキア杯2014の第2戦、U-18スロバキア代表戦(40分ハーフ)を行った。前半をスコアレスで折り返した日本だが、後半15分にセットプレーから失点。チャンスを作りながらも得点を奪えなかった日本は0-1で敗れた。第1戦のロシア戦を0-0で引き分けている日本は、2戦連続の無得点となった。

 JFAによると、後半から出場しポスト直撃シュートを放つなど奮闘したMF会津雄生(柏U-18)は「昨日は出番がなかったこともあり、強い気持ちでのぞみました。少ないチャンスでも決めるのがFWの仕事だと思うのでとても悔しいです」と唇を噛む。フル出場したMF坂井大将(大分U-18)は「この大会ではまだ無得点なので、ゴール前の精度を高められるよう練習から取り組んでいきたいと思います」と話した。

 第3戦は5月1日、U-18ベルギー代表と対戦する。

[先発]

GK:川島大輝

DF:石田崚真、茂木力也(HT→松原后)、三竿健斗、水谷拓磨

MF:坂井大将、井手口陽介(HT→鈴木徳真)、丸岡満、中野雅臣

FW:渡邊凌磨(67分→大島康樹)、杉森考起(HT→会津雄生)

[控え]

GK:吉丸絢梓

MF:小川紘生

FW:中島賢星