●帰郷

(画像:「暴れん坊力士!!松太郎」公式Webサイトより)
(C)ちばてつや/テレビ朝日・東映アニメーション

●キャスト
坂口松太郎(荒駒 松太郎):松平健
田中清(駒田中 清):塩屋浩三
南令子(坂口 令子、旧姓:南):水谷優子
西尾留次:島田敏
島田:二又一成
トミ:中友子
ツル子:千葉千恵巳
坂口 竹志:森下由樹子
百合:下地紫野
菊:美馬利恵子
梅夫:千葉千恵巳
雷神親方:青森伸
猪ノ川:稲田徹
竜の川:平井啓二
巌ノ国:檜山修之

●ストーリー
連載終了から16年…ちばてつやの“破天荒すぎる相撲漫画”『のたり松太郎』が、連載終了から16年にしてテレビアニメ化されます!
人並み外れた怪力を持つ、天衣無縫で暴れん坊の大男・坂口松太郎が相撲部屋に入門し、一人前の力士へと成長しながら、「相撲」という人生を築いていく“相撲ヒーローもの”です。
しかも、この作品は通常のヒーローものとはひと味もふた味も違います。
というのも、主人公の松太郎は「頑張る」、「目指す」、「夢見る」といった少年漫画の主人公に付き物の言葉とは無縁の男!
相撲部屋に入った理由は“好きな人のそばにいるため”、相撲を辞めない理由は“友達ができたから”。
誰よりも強いから、敵もいません。しかも、何があろうと、驚くほどすぐに立ち直ります…。
そう、松太郎にとって、一番の敵はその気ままな性格。
そのため、彼は行く先々で何度もトラブルに見舞われてしまうのです。
のたりのたりと、いばらの相撲道を歩んでいく、ありえない主人公――彼を中心にこの春の改編でよみがえる破天荒な相撲アニメ『暴れん坊力士!!松太郎』は、相撲ファンや原作をリアルタイムで読んだ世代のみならず、次世代の若者たちの心にがぶり寄ることでしょう!
●オープニング
初土俵からいきなり幕下優勝を決めた松太郎。故郷に錦、というのは大袈裟ながらも長崎に戻ってきた松太郎ですが…。
●帰郷
トミ「松太郎、何やってんだい!」

母・トミとの感動の再会。そして彼の弟や妹もお出迎え。もっとも土産らしいものは何一つありません。

ところが、駅前のレストランで食事したりタクシーに乗る松太郎に対して狼狽するトミ。

タクシー運転手「あんた、もしかしたらお相撲さんの坂口かい?」
坂口松太郎「俺の事、新聞で見たの?」


彼は長崎ではかなりの有名人。しかも幕下優勝の賞金や祝儀で札束を出す松太郎に対して、彼の出世に感動して涙するトミ。

※余談ですが、松太郎が幕下優勝した頃の賞金の相場は20万円だったようです(序の口優勝で5万円)。
●松太郎、故郷に錦を飾る。
自宅に戻り、茶碗蒸しを食べる松太郎。

坂口松太郎「茶碗蒸し!ま、うちではこんなもんか。東京では寿司だのステーキだの散々食べてるしな。」

松太郎のこの発言に対して羨望の眼差しを浴びせる彼の弟や妹達。

翌日、朝起きてぶらり中学校へと向かう松太郎。

島田「坂口、坂口じゃないか!」

中学校でも松太郎の幕下優勝の噂でもちきり!今まで中学校の厄介者だった彼には考えられない待遇。

給食の時間にお相伴するも、得意のエ○トークも島田先生から咎められる始末。

中学校にも飽きて、自宅に戻る松太郎ですがトミが作っていた新聞のスクラップを発見!

※どうやら松太郎関連の記事をスクラップにしていた模様。

坂口松太郎「令子もいねえし、つまんねえから東京へ帰るか。」
トミ「松太郎、もう帰っちまうのかい?」

そして、松太郎を応援する中学校の島田先生や元同級生に対して、

バケツの水をぶっかける!

※この調子なら大丈夫でしょう!

「暴れん坊力士!!松太郎」、次回もお楽しみっ!

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「暴れん坊力士!!松太郎」第14話「優勝パレードがしたいんだ!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「暴れん坊力士!!松太郎」第13話「千秋楽」(ネタばれ注意)
【アニメ】「暴れん坊力士!!松太郎」第12話「白星を呼ぶ猫」(ネタばれ注意)
【アニメ】「暴れん坊力士!!松太郎」第11話「八百長破り」(ネタばれ注意)
【アニメ】「暴れん坊力士!!松太郎」第10話「田中の初勝利」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「暴れん坊力士!!松太郎」TVアニメ公式Webサイト