『七つの大罪』/(C)鈴木央・講談社/「七つの大罪」製作委員会

写真拡大

『週刊少年マガジン』にて好評連載中の、鈴木央さん原作のTVアニメ『七つの大罪』が、毎週日曜日・夕方5時、初回は10月5日(日)よりMBS/TBS系列全国28局ネットにて放送されることが発表された。

これまで『ハイキュー』や『マギ』、『機動戦士ガンダム00』など、数々の人気作を世にはなってきた、通称“日5枠”に登場することになる。発表に伴い、CMの第1弾も公開。ますます期待が高まる内容となっている。



気になるスタッフやメインキャストの発表は、8月6日(水)発売の『週刊少年マガジン36・37号にて発表される。

鈴木央さん初のTVアニメ化!


(C)鈴木央・講談社/「七つの大罪」製作委員会

(C)鈴木央・講談社/「七つの大罪」製作委員会



『七つの大罪』は、王国の王女・エリザベスと主人公の少年・メリオダスが、かつて大罪を犯した事で指名手配されている“七つの大罪”と呼ばれる罪人たちを探す旅を描いた冒険活劇。

作者は、かつて『ライジングインパクト』や『金剛番長』などのヒット作を連載してきた鈴木央さん。王道の少年ファンタジーを彷彿とさせる作風からか、じわじわと人気を集め、4月には鈴木さんの作品としては初となるTVアニメ化が発表。

この時点で、既刊8巻で単行本の累計発行部数は300万部を突破していた。

単行本最新作10巻は、8月16日(土)に発売される。