『思い出のマーニー』は百合映画か? 百合度は『アナ雪』超え!?

写真拡大

『思い出のマーニー』は百合映画か百合じゃないか、議論が盛り上がっている。
 たしかに、同作は"ジブリ初のWヒロイン"。宣伝用のポスターでは、背中合わせの2人の少女が固く手を握り合っている。しかも手元をよく見ると、恋人つなぎ。そこに添えられた「あなたのことが大すき。」というコピー。テレビCMや予告編も"それっぽい"。
 さらに公開直前にスタジオジブリのプロデューサー鈴木敏夫が明かしたキャッチコピーのボツ案が「ふたりだけの禁じられた遊び」「ふたりだけのいけないこと」......これは!
 
 というわけで、『思い出のマーニー』が百合(ガールズラヴ)かどうか、検証してきました。

 幼いころに両親を亡くし養父母に育てられる杏奈は、自分は誰にも必要とされていないと心を閉ざした少女。持病の喘息の療養のため、養母の親戚がいる海辺の村でひと夏を過ごす。そして、その村にある「湿っ地屋敷」で、金髪の少女マーニーと出会うのだが―--。

 杏奈とマーニー、ふたりのヒロインがはじめて出会う場面から、さっそく"百合っぽい"。

 はじめて会ったマーニーはいきなり杏奈の手を取るのだが、両手で包み込むようにやさしーく杏奈の手を握る。驚いた杏奈は、顔を赤らめる。さらにばあやたちにバレないよう木の陰に隠れる際、マーニーは杏奈の肩を抱きよせる! 抱き寄せられた杏奈は、またしても赤くなっている。

 初対面でいきなり手を握り肩を抱き寄せるとは、マーニーはなかなか大胆だ。天然小悪魔系のマーニーに戸惑う杏奈も、いちいち顔を赤らめ、すでに意識してしまっているとしか思えない。

 当の本人は天然で無邪気に振る舞っているだけなのに、まわりは振り回されてしまう。このマーニーの天然小悪魔ぶりは、『ゆるゆり』の船見結衣、『けいおん!』の平沢唯、『魔法少女まどか☆マギカ』の鹿目まどかなどにも通じる、百合ものの定番キャラだ。

「誰かに話したらめちゃくちゃにされるだけ」「あたしたちのことは秘密よ」と手を取り合い約束してこの夜は別れるのだが、初対面からとにかくスキンシップが多い。「話したらめちゃくちゃにされる」というのも、禁断の恋の気配を感じさせる。
 
 また、マーニーの漕ぐボートでピクニックに出かけたふたり。杏奈にもボートの操縦を教えるため、マーニーが杏奈の手を取って一緒にボートを漕ぐ。背後から抱きしめるように手を取って一緒に漕ぐ! まるで彼氏ではないか。ぐいぐい来るマーニーに杏奈のほうも戸惑いを見せつつも、完全にときめいているように見えるのは筆者だけではないだろう。

 マーニーがリードしているかに見えるふたりの関係だが、しだいに逆転してゆく。お屋敷でダンスパーティーの場面。居心地悪そうにひとり隅っこに佇む杏奈に対し、マーニーは同年代の少年と一緒に踊り出す。それを見て不機嫌になった杏奈は、マーニーに「あの人誰?」と嫉妬めいたことまで口にする。
 
 いつの間にか、杏奈はマーニーに対して独占欲を抱くほど夢中になっているようだ。ほかの人と仲良くしているのを見て嫉妬するというのも、百合ものの醍醐味である。

 そして、ある日、悩みを打ち明ける杏奈を抱きしめながら、マーニーは言う。「泣いてもいいよ、杏奈......あたしはあなたを愛しているわ。今までに会ったどの女の子よりもあなたが好き。」。

 対して、杏奈が返した言葉は「かわいそうなマーニー......。私もマーニーのことが一番好きだよ。今まで会った誰よりも......。」。

 ん? ふたりの想いに微妙に温度差があるような......。ふたりの関係はどうなってゆくのか―--は映画館で観ていただくとして。

『思い出のマーニー』は百合映画なのか否か。少なくとも"百合厨"が楽しめる要素が満載なのはまちがいない。

 ジブリ側は、おそらく確信犯的に、こうした"百合要素"を取り入れたと思われる。公開直前に鈴木敏夫プロデューサーが明かした、キャッチコピーのボツ案「ふたりだけの禁じられた遊び」「ふたりだけのいけないこと」は完全にそっち狙い。これらのボツ案をわざわざ直前に公開したのも、CMや予告編を見て「百合なのか!?」と盛り上がるファンを、さらに煽る意図もあっただろう。

 また、作家の三浦しをんがパンフレットに寄せた原稿のなかで、こんな指摘をしている。

〈(原作では)マーニーとアンナの関係を「友だち」とはっきり規定しているのはまちがいない。/対して映画版では、杏奈のマーニーに対する思いは、「友だち」という言葉ではくくりきれないものがある。〉(『思い出のマーニー』パンフレットより)

 そして先述の、マーニーが杏奈に言った「今まで会ったどの(・・)女(・)の(・)子(・)より(・・)も(・)あなたが好き」というセリフに対する、杏奈の「私もマーニーのことが一番好きだよ。今まで会った誰(・)より(・・)も(・)」と返すセリフについて。

〈(映画版では)杏奈はマーニーに、「私もマーニーのことが一番好きだよ。今まで会った誰(・)より(・・)も(・)」と言うのだ。ここは原作では、アンナもマーニーに、「今までに知ってる、どの女の子よりも、あなたが好きよ」と言うに留まっている。〉(『思い出のマーニー』パンフレットより)

 原作にはなかった"百合要素"を映画版ではわざわざプラスしているのだ。
 
 近年『ゆるゆり』『ハナヤマタ』に代表されるような、"ゆるい百合"作品が人気を集めている。ディープなキスシーンやセックスシーンはなく、かわいい女子同士がじゃれ合うなど、あくまで"百合っぽい"描写が特徴だ。『けいおん!』や『魔法少女まどか☆マギカ』といった本来百合ではない作品も、百合として楽しむファンも多い。

 その意味で、『思い出のマーニー』もまた、百合ファンが観ても十分満足できる、"百合映画"に仕上がっている。

 "ディズニー初のWヒロイン"『アナと雪の女王』と、"Wヒロイン"かぶりしてしまった『思い出のマーニー』。興行収入では敵いそうにないが、"百合度"では『マーニー』が『アナ雪』に圧勝してます。
(田口いなす)