猛チャージで順位を急浮上させた香妻琴乃(撮影:ALBA)

写真拡大

<センチュリー21レディスゴルフトーナメント 2日目◇26日◇伊豆大仁カントリークラブ(6,531ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「センチュリー21レディスゴルフトーナメント」の2日目。全選手がハーフターンを終え、初日2アンダー16位タイだった成田美寿々が6バーディ・ノーボギーと猛チャージ、通算8アンダーまで伸ばし、初日単独首位につけたアン・ソンジュ(韓国)を捕らえ首位タイに立った。

 1打差の通算7アンダー3位タイにはイ・ボミ(韓国)とウェイ・ユンジェ(台湾)の2人。続く通算6アンダー5位タイには木戸愛、大江香織、笠りつ子ら8人が並ぶ。
 昨日1オーバー63位タイと大きく出遅れた香妻琴乃が7バーディ・1ボギーで通算5アンダーまで伸ばし13位タイに急浮上した。その他では森田理香子も3つ伸ばし通算4アンダーで18位タイとしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>