C型肝炎薬 15人が副作用で死亡

ざっくり言うと

  • C型肝炎治療薬を服用した患者15人が死亡していたことがわかった
  • 服用したのは11年に発売された「テラビック」で、重い副作用が原因
  • 発売前の臨床試験(治験)中から副作用の危険性が指摘されていたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング