写真提供:マイナビニュース

写真拡大

7月25日〜8月31日の期間で開催される「ウルトラマンフェスティバル2014」の特別内覧会が24日、東京・池袋のサンシャインシティで行われた。

1989年にスタートした「ウルトラマンフェスティバル」は、累計来場者が400万人を突破、今年で24回目の開催となる『ウルトラマン』シリーズ最大級のイベント。この日の内覧会には、本イベントの開催地・豊島区の幼稚園の子どもたちや、円谷プロファンクラブ会員のファミリーも招待され、ライブステージやデータカードダス「大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア」のゲームプレイなど、大盛況の内覧会となった。

大のウルトラファンだというお笑いコンビ博多華丸・大吉の博多大吉もイベントに駆けつけ、ウルトラマンギンガストリウムやウルトラの父を前に大感激。ウルトラの父に記念撮影をおねだりし「いい記念になりました。来年の年賀状にしようと思います」と満足げな表情を見せつつ、「光の国と池袋が繋がるなんてめったにないこと。この機会にぜひお越しください」とウルトラファンを代表したイベントをアピールした。

今回の「ウルトラマンフェスティバル」のキャッチコピーは「ようこそ、光の国へ」。ウルトラマンの故郷・ウルトラの星とも呼ばれる「光の国」を体感できるライブステージや展示物を用意するほか、「光の国ウルトラトレイン」「なりきりムービー」といったアトラクションを楽しむことができるという。

光の国には学校や研究所、訓練場などもあり、会場を訪れた子供たちは各ブースを訪れ、飛び跳ねながら光の国ならではの施設を楽しんでいた。ウルトラの国遊園地には、クラフトコーナーやウルトラ縁日などのほか、フロアを集会する「光の国ウルトラトレイン」も運行している。

展示以外にも体験型ブースやステージイベントを多数用意。ウルトラライブステージは1日5〜6回開催され、7月25日〜8月11日が第1部「新たなる銀河へ! 〜明日へのビクトリー〜」、8月12日〜8月31日が第2部「次の時代へ ウルトラの星かがやくとき」と2部構成となっている。さらに7月30日には、黒部進(ウルトラマン/ハヤタ・シン隊員役)や森次晃嗣(ウルトラセブン/モロボシ・ダン隊員役)、団時朗(帰ってきたウルトラマン:郷秀樹隊員役)、高峰圭二(ウルトラマンA:北斗星司隊員役)、真夏竜(ウルトラマンレオ:おおとりゲン隊員役) が集うトークショー「レジェンド5 光の国に大集結!!」の開催も予定されている。

(C)円谷プロ

(担当ぱぴい)