7月22日にアメリカのユージーンで開幕した世界ジュニア選手権。100mに出場した桐生祥秀は3位入賞を果たし、日本人初のメダルを手にした。しかし、そう簡単にメダルを獲得できたわけではなかった。

 初日の100m予選で桐生がライバルと目するトレイボン・ブロメル(アメリカ)が第6組に登場。ブロメルは追い風0.7mの中、鋭いスタートから飛び出すと最後の20mは流して10秒13でゴールと、ダントツのトップタイムを叩き出した。

 その走りを見て桐生は「速いですね、流して10秒13ですから......」と素直に評価した。

 今季ブロメルは、5月に追い風4.2m参考記録ながら9秒77を出しているが、それ以外のレースでも、6月13日の9秒97を筆頭に、10秒0台を5回、10秒1台を5回と常に高いレベルの走りをしている。

 対して桐生はスタートがやや遅れたが、「40mくらいでいけると思ったから、2次加速まではしないでそのまま流した」という走りで、向かい風0.5mの中10秒40の1位通過。6月に足底を痛めて以来、走り出したのは7月に入ってからでギリギリ間に合った状態。久しぶりの試合でレース感を確かめるような走りになり、ブロメルとの差は大きかった。

 だが準決勝でその差が一気に縮まる。予選の後には「一緒だと力んでしまうかもしれないから、準決勝はできればブロメルとは別の組の方がいいですね。リラックスした状態で2次加速まで入る、というのをやっておきたいですから」と話していたが、予選は全体の11位通過だったため、準決勝で同走になったのだ。しかも桐生が5レーンでブロメルは6レーンと隣り合うことに。

 それでも「予選のあとでスタートの3歩目までを修正した」と土江寛裕コーチが話すように、桐生はスタートからブロメルと互角の走りをした。60m付近ではブロメルより前に出たように見えた。

「ブロメル選手にくっついていけばいけると思った。60mまではうまくいったけど、他にも2人選手がいたのでビックリしたというのはあります」と言い、そこから力んで、走りを崩し、ブロメルに0秒09差をつけられる10秒38で4位という思わぬ結果に。結局、着順での決勝進出はならなかったがタイムで拾われ、全体4番目の通過で決勝進出を果たした。

 実はその準決勝のレースで、桐生は終盤に右股関節の回りの筋肉が痙攣して痛みが出ていたという。土江コーチは、「力みがそのアクシデントの要因になった可能性は当然ある」と振り返り、「久しぶりの速い動きに筋肉が対応しきれなかったという面もあるだろうが、競り合いの経験が足りないことも、こういうアクシデントを引き起こしてしまった原因だろう」と話した。

 歩くのにも苦労するほどの痛みが出ていたが、トレーナーにケアをしてもらい、約2時間半後の決勝では、15分前になってやっと体を動かした程度で迎えた。桐生はそこで「準決勝は硬くなった部分があったけど、決勝になったら『もうタイムなんて関係ないな』となってきて......。準決勝はブロメルの10秒29以下はみんな30台だったので、そこはもう『勝負だな』と思いました」と開き直った。

 決勝の桐生は2レーンで、6レーンのブロメルとは離れていたのも幸いした。スタートは準決勝の時よりも若干硬さのある動きだったが、勝負を意識したブロメルの動きも硬く、60m過ぎまでは先頭に並んでいた。だが、股関節の周りの痛みが残っていた影響からか、70m付近で膝の裏の筋肉が攣(つ)ってしまった。

「そこからは片方が治れば反対側が攣るという繰り返しで。自分の順位を確認するより、走り切ることだけを考えていました。70mくらいまでは他の選手と差がないこともわかっていたし、相手も視野に入っていました。アクシデントに見舞われたけど、逆に相手が見えなくなって気にしなくなったから良かったのかな、とも思います」

 こう言って笑う桐生だが、そんな状況でも粘りきった。

 気温17度で向かい風0.6mと条件も厳しかったレースは、優勝を意識して硬くなっていたブロメルをケンダル・ウイリアムズ(アメリカ)が後半に突き放し、予選で出した自己ベストをさらに0秒02更新する10秒21で制す番狂わせとなった。その中で桐生は大きく崩れることなく、2位のブロメルに0秒06差の10秒34でゴールして3位に食い込んだ。

「股関節の周りが痛くなったのは、スパイクを履いて練習したのが出発する1週間前からだったので、体が慣れていなかったからだと思います。銅メダルを獲れたのは嬉しいけど、結果をみればダントツで負けた訳ではなく、優勝争いもできそうな状態だったから余計に悔しいですね。準決勝では9秒台を出しているブロメル選手が横にいたのでアレッ?と思ったところもあるんですけど、そこから自分がもっと行ける気もしたし......。だからこれからは、ブロメル選手に勝てるかどうかわからないけど、対戦したら絶対に勝つ気持ちでいきたいですね」

 土江コーチは「ここに出場できるかどうかという微妙な時もあり、7月に入ってやっと走り出せた状態でギリギリ間に合ったという状況でした。どこまでやれるかという不安も大きくて難しい大会だったけど、すごく頑張ったと思います。彼の場合は本当に集中しなければいけないところできっちり走れるのが一番の特徴ですが、ジュニアといえど海外の試合でそれができたというのはたぶん初めてなので、すごく大きな収穫だと思います」と語った。

 昨年4月の織田記念で10秒01を出してから注目され続けている桐生。8月には世界選手権も経験したが、あの時は、実力差が大きいシニアのビッグネームの選手たちに挑戦するだけの大会だった。

 だが、今回はジュニア世界ランキング3位で、出場選手中では2位と、メダル獲得は確実と期待される中での挑戦だった。そんなプレッシャーもある中、体調も万全とはいえない上にアクシデントもありながらも、9秒台を持つブロメルなどと接戦を演じて最低限の仕事ともいえる銅メダル獲得を果たした。その意味は大きい。それは運だけで得たのではなく、自分の底力を十分に発揮して手にしたメダルだからだ。

「これで満足してるのではなく、ジュニアなのでもっと上を目指さなければいけないですね。今回得た、戦えるという手応えをもっと上のレベルにどうつなげていくかが課題だと思います」

 初めての同世代選手との真剣勝負で勝負強さを見せた桐生は、この大会で次への戦いに向けての大きな一歩を踏み出したといえる。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi