今、日本でもっとも人気を集めているモータースポーツが、市販車モデルを改造したマシンで争う「スーパーGT選手権」である。

 最高峰のGT500クラスにはトヨタ、ニッサン、ホンダの3メーカーがワークス参戦し、それぞれレクサスRC F、GT−R、NSXという、メーカーを代表するスポーツカーをベースにしたレーシングカーを投入している。

 下位のGT300クラスには日本のスバルに加え、フェラーリ、メルセデス、ランボルギーニ、BMW、ポルシェ、アウディといった海外メーカー、さらにはトヨタとホンダがレース仕様のハイブリッドカーを投入。両クラス合わせて合計40台以上のマシンが参戦し、大いに盛り上がっているのだ。

 しかもスーパーGTは今年からヨーロッパで高い人気を誇るDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)と車両規格が統一され、今後はよりグローバルなレースシリーズに発展することが期待されている。

 その世界からも注目を集めるスーパーGTのGT500クラスで今年、異変が起きている。

 過去、GT500クラスではトヨタ、ニッサン、ホンダの3メーカーのマシンが実力伯仲のレースを繰り広げ、最終戦まで三つ巴のチャンピオン争いを続けるのが常だった。

 それは独自のレギュレーションを導入し、速いマシンには重量などでハンディキャップを課し、遅いマシンと性能を均衡化させることで、開発競争の余地を残しながら、ある意味、接戦を演出していたからである。

 しかし今シーズン、ホンダが新開発したNSX CONCEPT-GTが、トヨタのレクサスRC FとニッサンのGT‐Rにタイムで大きく引き離されるだけでなく、マシントラブルが続出して完走さえもままならないレースを続けて、接戦どころか差が開く一方なのだ。

 NSX CONCEPT-GTは、ホンダがF1に復帰する2015年に市販予定のフラッグシップ・スポーツカーのNSXをベースとしている。新開発の2リッター直噴ターボにハイブリッドシステムを搭載したミッドシップのNSX CONCEPT-GT は、いわばホンダのモータースポーツのイメージを体現するモデルだ。

 そのマシンで戦うスーパーGTは、ホンダにとってF1と同様に重要なレース活動であるはずなのだが、開幕からの3戦では優勝争いにからむどころか、表彰台に上がることすらできなかった。第2戦の富士では5台中4台のNSXにマシントラブルが発生してリタイア、完走した1台もトップから15周遅れでゴールするという、散々な結果に終わっていたのだ。

 ホンダのひとり負けの状態が続く中、7月中旬に開催された第4戦のSUGOを前に、異例の救済措置がとられることになった。

 本来、スーパーGTのルールでは、一度ホモロゲーション(型式認定)を受けたマシンは、シーズン中にボディに改良を行なうことは認められていない。しかしNSXだけに改良が許されることになり、マシンの最低重量も軽減されることが決まったのだ。

 そして迎えた第4戦のスポーツランドSUGO(宮城)では、天候がめまぐるしく変わる難しいコンディションの中で、塚越広大選手と金石年弘選手がドライブするリアルレーシングの NSXが3位に入り、ホンダにとって今季初の表彰台を獲得した。

 ただ、SUGOは気温も低く、変わりやすい天候によって荒れたレース展開だった。ライバルと真っ向から勝負し、表彰台を獲得したわけではないし、ホンダ勢がこれまで苦しんでいたターボエンジンを起因とする熱トラブルを完全に克服し、優勝を狙えるパフォーマンスを取り戻したとは言えない。真夏の富士スピードウェイで開催される第5戦(8月9日〜10日)で、ホンダの真価が問われることになるだろう。

 ホンダのエンジン開発のトップはシーズン前半の不振の理由を、「ハイブリッドシステムが搭載されるNSXは、ライバルに比べて最低重量が70kg重いというハンデがあることが大きい」と語っている。

 たしかにそれもひとつの要因かもしれないが、不振の最大の原因は、ホンダがライバルに対して開発に遅れをとっていることだ。それはスーパーGTで使用されるエンジンと同じ仕様の2リッターのターボを搭載して戦われているスーパーフォーミュラ(SF)の結果を見れば明白である。

 日本最高峰のフォーミュラレースであるSFには今シーズン、ホンダとトヨタがエンジンを供給している。こちらもシーズン前半の3戦が終わっているが、表彰台に上がっているのは、全員トヨタエンジンを搭載するチームのドライバーだ。ホンダ勢では昨年のチャンピオンドライバーの山本尚貴選手の5位が最高位というのが現実なのである。

 実際、サーキットではホンダ系チームのドライバーやスタッフから、こんな厳しい声も聞かれる。

「ここまでエンジン性能で差がつくと、はっきり言って勝負にならない。ホンダのエンジン開発技術は、トヨタやニッサンに大きく遅れをとっている」

「アイルトン・セナが活躍した25年も前のF1時代の栄光はもう忘れたほうがいい。日本のレースでまともな結果が出せないのに、世界最高峰のF1に復帰して勝てるはずがない」

 これまで日本のモータースポーツ界をリードしてきた自動車メーカーは間違いなくホンダだった。それは日本のみならず、世界のレースファンが認めるところだろう。

 過去には「ホンダのマシンやエンジンがあまりに強すぎて、ルールやマシンの規則を変えざるを得ない」というケースが何度もあった。1980年代、ターボエンジンでF1を席巻した時もそうだし、スーパーGT選手権でもあまり速すぎる初代NSXに対して"ホンダいじめ"ともいえるようなルール変更が行なわれたこともあった。

 しかし時代は変わった。今では日本のレースで、ホンダがルール変更によって救済される立場になっているのである。

 きっと多くのレースファンが「こんなホンダの姿は見たくなかった」と思っているはず。8月の富士スピードウェイから始まるスーパーGTの後半戦では、ホンダには日本のレース界のみならず、世界のレース界をリードしてきた会社としての意地を見せてほしい。そして2015年のF1復帰に向けて、高まってきているファンの期待に応えるメーカーであることを証明してほしいと思う。

川原田剛●取材・文 text by Kawarada Tsuyoshi