「IP2.0研究会」座長を務める角川歴彦・KADOKAWA会長

写真拡大

角川アスキー総合研究所は2014年7月29日、グローバル時代の著作権や特許ルールについて考える「第1回IP2.0公開研究会」を東京・有楽町の有楽町朝日スクエアで開催する。

知的財産をとりまく環境は、国境を越えるインターネットサービスの普及、3Dプリンターに代表されるデジタルファブリケーションによるモノづくりのパラダイムの大変革、ビッグデータ解析により生じるプライバシー問題など、劇的な変化にさらされている。こうした問題に向き合い、今後を見据えた対応を研究しようと、KADOKAWA会長の角川歴彦氏を座長に「IP2.0研究会」が誕生。メンバーによる研究成果を、11月までに3回の公開研究会とシンポジウムという形で発表する。

初回となる今回は、知財評論家で元内閣官房・知的財産戦略推進事務局長の荒井寿光氏の講演、角川氏とドワンゴ会長・川上量生氏のトークセッション、その後は荒井氏を加えた3人によるパネルセッションが行われる。角川氏と川上氏が公の場で対談するのは、KADOKAWAとドワンゴが経営統合を発表した5月14日以降、初めてとなる。

参加費は2000円(税込)。