「智代アフター 〜It’s a Wonderful Life〜 PerfectEdition」特設サイトより

写真拡大

2004年に全年齢向けPCゲームとして発売され、歴史に残る名作との呼び声が高い「CLANNAD」

その外伝作品として知られ、オリジナル版以来初めてとなるアダルト要素を含み、コンシューマー版のCGやシナリオも網羅した「智代アフター 〜It's a Wonderful Life〜 PerfectEdition」が、9月26日(金)に発売されることが決定。

原画を手がけたフミオさんによる描き下ろしパッケージイラストも公開された。7月25日(金)から、ソフマップ・ドットコムなどで予約受付を開始する。

アダルト要素を含んだ初のリメイクとなる完全版


智代アフター



今回発売される「智代アフター 〜It's a Wonderful Life〜」の完全版は、「CLANNAD」の中でも人気の高いヒロイン・坂上智代を主役とした外伝作品。

Keyを率いるクリエイター・麻枝准さんによる極めて私的な作品として制作され、賛否両論を呼んだこともある、Key作品の中でも異色な作品として知られている。

2005年にオリジナル版が18禁PCゲームとして発売されて以来、コンシューマー向け・スマートフォン向けとして度々リメイクされてきたが、これまでのリメイク作品はすべてアダルト要素を排除した全年齢向けのみだった。

さらに、オリジナル版も生産終了となってしまい、今ではプレミア価格がついて中古市場で取引されるのみだった。

今回、オリジナル版の発売以来初となるアダルト要素を復活させ、さらにコンシューマー版として移植された際に追加されたイベントCGやシナリオも組み込んだ、完全版と呼ぶに相応しい内容となっている。

今なお色あせない「CLANNAD」


reB003H9MM1G.09-AN1VRQENFRJN5.MAIN

『CLANNAD メモリアルエディション 全年齢対象版』

「CLANNAD」は、不動の人気を誇る美少女ゲームブランド・Keyの代表作品の一つ。麻枝准さんによる感動的なシナリオと高品質な楽曲から、「泣きゲー」と呼ばれるゲームの代名詞的存在として数多くのゲーマーに愛されている。

2007年・2008年と2度のTVアニメ化を果たし、そちらも好評を博してさらなるファン獲得につながった。

2013年は、発売から満10周年ということで、イラストコンテストやアート展の開催、記念本の刊行など、ファンにはたまらない企画が目白押しで、長く愛される不朽の名作として改めてその存在を知らしめたことも記憶に新しい。

また、2014年8月からは、「CLANNAD」を含む4作のKey原作アニメの低価格版Blu-ray&DVD BOXが発売されることが発表されてそちらも話題を呼んでいる。