マイケル・ムーア監督が離婚、財産分けで揉めた報道も“友好的”に解決。

写真拡大

「ボウリング・フォー・コロンバイン」などで知られるマイケル・ムーア監督の離婚が成立した。

ムーア監督は22年間にわたる結婚生活が破たんしており、「結婚生活が継続できる可能性はない」ままであると主張し、昨年6月にミシガン州アントリム郡でキャスリーン・グリンとの離婚を申し立てていた。州裁判所のウェブサイトに今週投稿された書類には、離婚が成立して本件は解決したと記載されている。自宅を含めた財産分けでもめていると報じられていたものの、2人による声明によると「中立的で友好的な」措置を取ったようだ。

ムーア監督のドキュメンタリー作品が主張するような価値観や理想からは相反するように見受けられるため、監督の華やかな生活スタイルはミシガン州の一部近隣住民から批判されることもあった。

ある店主はデトロイト・ニュース紙に「ムーア監督は資本主義を批判していますが、それこそが彼を金持ちにしたんですよ」「なぜ監督がこのような保守的なエリアに住むことを決めたのか全く分かりませんね」とコメント。ただ、ほかの地元住民からは「ムーア監督は現状に値すると思いますよ」との声もあり、決して近隣と折り合いが悪いというわけではない。

そんな監督は2011年に自身の財産について、何百万ドルも稼いでいるが、きちんと何百万ドルもの税金を納めていることを「誇りに」思っていて、チャリティーを立ち上げたり、ある団体から株を買うことを拒否しているとも話していた。