キヤノン、二ケタ増益達成の裏側

ざっくり言うと

  • キヤノンがカメラ不振でも二ケタ増益を達成できた要因を探っている
  • 記事は好採算製品の比率上昇とコストダウンで踏ん張った結果と指摘している
  • 悩みはカメラ市場の動向だが、CFOは「今年がボトム」と見解を発表した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング