「アナ雪」200万枚の大台突破、オンデマンドやデジタルコピーも大ヒット。

写真拡大

ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンは、7月16日に発売した「アナと雪の女王MovieNEX」が、発売初週の20日までの売り上げで200万枚の大台を突破したと発表した。

「アナと雪の女王」は3月14日に日本公開され、7月19日までに興行収入は250億円を突破。今もなおヒットを続けている(7月22日現在、興行収入251億円/観客動員1974万人)。また、音楽や関連グッズをはじめ、その人気は止まることを知らない。

Blu-rayとDVD、オンライン試聴権などがセットになった「アナと雪の女王MovieNEX」は、予約だけですでにミリオンセラーとなっていたが、7月20日(日)の時点で、売り上げが2,014,495枚を記録。レンタル回数も同日100万回を突破し、オンデマンドでも14万視聴突破と、視聴形態に応じた商品すべてが大ヒットとなっている。

ディズニー・スタジオが提供するメンバーズサイトMovieNEXCLUBへの登録数はすでに30万を超え、MovieNEXの機能の一つであるスマホやタブレットなどでいつでもどこでも本編視聴が楽しめる、デジタルコピーの利用も12万件超に。「アナと雪の女王MovieNEX」をきっかけに、多くの人が“デジタル・コンテンツ”を楽しんでいるようだ。