織田信成

写真拡大

23日放送の「ザ!世界仰天ニュース」(日本テレビ系)で、中居正広が織田信成について、「織田信長の子孫」とされていることに、「怪しくない?」と疑問を呈する一幕があった。

番組では、ゲストの織田信成が「戦国武将・織田信長の子孫といわれている」と紹介したが、中居は「それさ、本当なの?」と訝しげに訊いた。

これに対し、織田は「本当です」と断言。中居が「なんで本当って言い切れるの?」と食い下がると、「家系図が家にあるので」と理由を説明した。なおも「その家系図が嘘っぱちかもしれないってことないの?」と問い詰める中居に対し、番組では織田家の家系図も紹介された。

確かに家系図では、初代は「信長」となっており、17代目は「信成」と記載されているが、9代目から14代目の間が省略されている。これについて、織田は、13代目の存在については、自分の父に電話して確かめたと言い、13代目に「豊春」がいたと口頭で説明。これに対し、中居が「10、11、12(代目)はいないの?」と訊くと、織田は「ちょっと戦争とかもあってわからないことが(ある)」と答えた。

それを聞いた中居は「不明なんだー」「怪しくない?」と、またも疑問を呈した。そして、家系図の8、9代目に当たる人物の名前から「信長」の「信」という字が使われておらず、15代目から「信」という字がまた使われはじめていることに着目し、「ここで(信長の子孫であると自称するため)修正しようとした」との独自の説を主張。出演者の笑いを誘った。

この中居の疑問について、ゲストとして出演していた政井マヤは「これだけ有名な方だから、歴史マニアの方が勝手に検証して、違ったらきっとね(指摘するだろう)」と、織田信成が「織田信長の子孫」とされていることに理解を示していた

【関連記事】
「先生からのプレッシャーがすごくて」 織田信成が織田信長の子孫であることに関する学生時代のエピソードを明かす
SMAP中居正広、週刊誌記者を問い詰め「逆ギレ」させていたことを明かす 「『僕の仕事はロクでもないんですよ!』つって帰っちゃった」
織田信成氏、ソチ五輪の浅田真央フリー演技のジャッジに不満「誰が見ても完璧でしょ。どこ見とんねん」